ホーム >Blog > ホワイトニングで歯が痛む人と痛まない人がいるのはなぜですか?

削らない虫歯治療
歯周内科
メタルフリー歯科
無痛インプラント
非抜歯矯正
無痛小児歯科
特殊入れ歯
ホワイトニングシステム
オールオン4,6
神経を抜かない治療
求人情報
週刊西永福
西早稲田駅前歯科・矯正歯科
永福町歯科
「TOKYO MX」シゴト手帖
講演依頼

ホワイトニングで歯が痛む人と痛まない人がいるのはなぜですか?

杉並区西永福の歯医者さん、西永福歯科です。
今回のテーマは「ホワイトニングの痛み」です。
歯科治療で最も気になるのは、治療の効果よりも痛みの有無ではないでしょうか。

何しろ「歯科治療=痛い」のイメージがあり、大人でも歯科治療に抵抗を感じる人は少なくありません。
では、ホワイトニングの場合はどうでしょうか。そこで実際にホワイトニングをした人に意見を聞くと、
「痛みを感じた」という人もいれば「痛みを感じなかった」という人もいます。

これはどちらの意見が正しいのでしょうか。また、意見が分かれるのはなぜなのでしょうか。

歯の構造と痛みを感じる理由

ホワイトニングで痛みを感じる理由を説明する上で、まず知っておいてほしいのが歯の構造です。
歯の中心となるのは象牙質で、この象牙質は刺激に対して非常に敏感であり、
そのため表面のエナメル質が象牙質を保護しています。

ホワイトニングの薬剤は象牙質にとって刺激となりますから、薬剤が象牙質にあたることで歯が痛みます。
つまり、ホワイトニングで歯が痛む人は薬剤が象牙質にしみこんでしまっているのです。
一方で、痛みを感じない人はエナメル質の保護によって象牙質が刺激を感じていないからです。

知覚過敏

上記の説明で分かるとおり、ホワイトニングで歯が痛むと痛まない人の差は、
エナメル質の保護が万全か、万全ではないかにあります。
何らかの理由でエナメル質が失われているとホワイトニングで歯が痛み、これを知覚過敏と言います。

知覚過敏が起こるのはホワイトニングだけではなく、例えば虫歯の痛みも知覚過敏によるものです。
虫歯が進行して歯に象牙質まで届く穴があき、そこが刺激を受けることで知覚過敏が起こります。
冷たいものを飲食した時などに一瞬歯がしみた経験がある人も多いでしょうが、それが知覚過敏です。

知覚過敏の原因

知覚過敏の原因は様々で、虫歯や歯周病によって知覚過敏が起こることもあります。
ただし、ホワイトニングに限って言えばこれらが原因とは考えにくく、
なぜなら虫歯や歯周病がある時点でホワイトニングできないからです。
ですから、ホワイトニングで知覚過敏が起こった場合、その原因としては次のことが考えられるでしょう。

噛み合わせが悪い

噛み合わせが悪いと、噛んだ時に一部の歯に大きな負担がかかります。
この負担によってエナメル質が傷つき、象牙質が直接刺激を受けて知覚過敏が起こります。

歯磨きの仕方に問題がある

歯磨きを強い力で磨く人は、その摩擦によって歯が傷ついています。
この時エナメル質が傷ついてしまうと、象牙質が直接刺激を受けて知覚過敏が起こります。

歯ぎしりの癖がある

歯ぎしりを繰り返すと、摩擦によってエナメル質が傷つきます。
そうするとエナメル質の保護が失われ、象牙質が直接刺激を受けて知覚過敏が起こります。

…いずれにしても、知覚過敏が起こるのはエナメル質が傷ついている、もしくは破損しているためです。
この状態でホワイトニングをすると、象牙質が薬剤の刺激を受けて痛みを感じてしまいます。

知覚過敏の治し方

特に重度でない限り、知覚過敏はあくまで一過性のものです。
ホワイトニングによる知覚過敏は、痛み止めを飲む、
知覚過敏用の歯磨き粉で歯磨きするなどの方法で改善できます。

また、これらはホワイトニングする前の事前対策として行っておいても構いません。
最も、あまりに長く痛みが続くようなら歯科医院で相談した方が良いでしょうし、
その場合は全く別の原因で痛みが発生しているかもしれません。

虫歯や歯周病がある場合のホワイトニング

虫歯や歯周病がある状態でホワイトニングすると知覚過敏が起こりますが、
ただ実際に虫歯や歯周病がある人はホワイトニングできず、まずこれらの治療が優先されます。
治療して虫歯や歯周病を治し、その後でホワイトニングする流れになるでしょう。

ただし、患者さんにもホワイトニングを希望する理由があると思います。
その理由として「結婚式に出席するため」などスケジュールが決まっている場合、
歯科医に相談することで虫歯や歯周病の状態次第ではホワイトニングできるかもしれません。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、ホワイトニングの痛みについてまとめます。

1. 歯の構造と痛みを感じる理由 :象牙質が表面のエナメル質に保護されていないと痛みを感じる
2. 知覚過敏 :ホワイトニングによる痛みの正体は知覚過敏。象牙質が薬剤の刺激を受けている
3. 知覚過敏の原因 :噛み合わせの悪さなどでエナメル質が傷ついている
4. 知覚過敏の治し方 :一過性のものなら、痛み止めを飲む、知覚過敏用の歯磨き粉を使うなどで改善可能
5. 虫歯や歯周病がある場合のホワイトニング :虫歯や歯周病の治療が優先される

これら5つのことから、ホワイトニングの痛みについて分かります。
ホワイトニングで痛みを感じる人と感じない人の差は、知覚過敏が起きるか起きないかの差です。
知覚過敏とは象牙質が刺激を受けた時に歯が一瞬痛む症状のことで、
ホワイトニングの薬剤が刺激となって知覚過敏が起きているのです。

よく読まれている記事

PAGE TOP