ホーム >Blog > セラミック治療について、特徴などを分かりやすくまとめてほしいです

削らない虫歯治療
歯周内科
メタルフリー歯科
無痛インプラント
非抜歯矯正
無痛小児歯科
特殊入れ歯
ホワイトニングシステム
オールオン4,6
神経を抜かない治療
求人情報
週刊西永福
西早稲田駅前歯科・矯正歯科
永福町歯科
「TOKYO MX」シゴト手帖
講演依頼

セラミック治療について、特徴などを分かりやすくまとめてほしいです

杉並区西永福の歯医者さん、西永福歯科です。
今回のテーマは「セラミック治療についての説明」です。
最近ではセラミック治療が人気であり、そのせいか治療内容をよく知らない人でも希望することがあります。

しかし、人気があるという理由で歯科治療を希望するのはおすすめできず、
治療を希望するからには少なくともその治療の特徴・メリット・デメリットを知っておいた方が良いでしょう。
そこで、ここではセラミック治療について分かりやすく説明していきます。

セラミック治療とは?

セラミック治療とは、詰め物や被せ物をセラミックにする治療です。
既に銀歯やレジンを使用している人がセラミックに交換することもでき、
今では銀歯に代わってセラミックが主流になりつつあります。

最も、詰め物や被せ物として使用するわけですから、歯が健康な人がセラミック治療をする必要はなく、
あくまで虫歯などで詰め物や被せ物をしている人に向けた治療です。
多くの歯科医院で既に対応していますが、取り扱うセラミックの種類は歯科医院ごとで異なります。

セラミック治療はなぜ人気なの?

詰め物や被せ物は、本来人に見られたくないものであり、それは審美性の問題が理由です。
実際、奥歯を銀歯にしている人は、目立つ銀歯を見られたくないために大きく口を開けられない人が多く、
言わば銀歯は口元のコンプレックスのような扱いになっています。

しかしセラミックは審美性が高く、天然の歯と間違うほどの自然な美しさを再現しているのです。
昔と違い、今では詰め物や被せ物に対しても審美性を求める人が多く、
そのため見た目の美しいセラミックにすることは、近年人気の治療になっているのです。

セラミック治療のメリットは審美性の高さだけ?

詰め物や被せ物の審美性にどこまでこだわるか?…それは人それぞれですから、
中には特にこだわらない、銀歯でも問題ないと考える人だっているでしょう。
しかし、そのような考えの人でもセラミック治療を希望することは多く、なぜなら他にもメリットがあるからです。

例えば二次虫歯を予防しやすいこと…ツルツルしたセラミックはプラークが付着しにくく、
そのため銀歯と比べて格段に二次虫歯を予防しやすくなっています。
他にも「長持ちしやすい」、「金属アレルギーの心配がない」などのメリットがあります。

セラミック治療にデメリットはあるの?

銀歯と比較した場合、セラミック治療には2つのデメリットがあります。
1つは最大のデメリットでもある費用の問題で、審美性を兼ねたセラミック治療は自由診療です。
このため健康保険が適用されず、銀歯に比べて費用は大幅に高くなります。

もう1つは耐久性の問題で、もちろんセラミックも充分な耐久性を誇りますが、
単純に強度だけで比較すれば、陶器のセラミックよりも金属の銀歯の方が頑丈です。
最も、セラミックの中には耐久性の高さを重視したタイプのものもあります。

セラミックには種類はあるの?

セラミック治療で使用できるセラミックには4つの種類があります。
1つ目にオールセラミック、これは文字どおり100%セラミックでできており、
セラミックの中で最も審美性が高く、なおかつ機能性にも優れています。

2つ目にハイブリッドセラミック、これはセラミックとレジンの中間的な材質になっており、
年数経過で変色が起こる分、費用が安くてお手軽なセラミックです。
さらに、耐久性の高さを特徴としたメタルボンドとジルコニアセラミックがあります。

銀歯よりもセラミックの方がおすすめ?

これは、詰め物や被せ物に対して何を重視するのかで変わります。
例えば、審美性や二次虫歯の予防を重視するならセラミックがおすすめですし、
金属アレルギーの人の場合は消去法でセラミックがおすすめになるでしょう。

しかし、費用の安さを重視するなら健康保険が適用される銀歯がおすすめになりますから、
つまりどちらかがおすすめなのかは患者さんの詰め物や被せ物に対する要望次第です。
それぞれのメリットとデメリットを比較して、自分に合った方を選択すれば良いでしょう。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、セラミック治療についての説明をまとめます。

1. セラミック治療とは? :詰め物や被せ物をセラミックにする治療
2. セラミック治療はなぜ人気なの? :審美性が高く、天然の歯と比べても違和感ないほど美しい
3. セラミック治療のメリットは審美性の高さだけ? :二次虫歯を予防しやすいなどのメリットもある
4. セラミック治療にデメリットはあるの? :費用が高い、強度だけなら銀歯に劣る
5. セラミックには種類はあるの? :オールセラミック、ハイブリッドセラミック、メタルボンドなど
6. 銀歯よりもセラミックの方がおすすめ? :詰め物や被せ物に対して何を重視するのかで決まる

これら6つのことから、セラミック治療についての説明が分かります。
注目すべき点はセラミックのメリットで、審美性の高さが目立つセラミックですが、
実は二次虫歯を予防しやすいなどのメリットもあるのです。
一方で費用が高いのが欠点であり、こうしたセラミックのメリットとデメリットを覚えておきましょう。

よく読まれている記事

PAGE TOP