ホーム >Blog > 虫歯と歯周病の違いを分かりやすく教えてください

削らない虫歯治療
歯周内科
メタルフリー歯科
無痛インプラント
非抜歯矯正
無痛小児歯科
特殊入れ歯
ホワイトニングシステム
オールオン4,6
神経を抜かない治療
求人情報
週刊西永福
西早稲田駅前歯科・矯正歯科
永福町歯科
「TOKYO MX」シゴト手帖
講演依頼

虫歯と歯周病の違いを分かりやすく教えてください

杉並区西永福の歯医者さん、西永福歯科です。
今回のテーマは「虫歯と歯周病の違いについて」です。
虫歯と歯周病は、病名が異なることから症状や治療方法が全く違います。

そこで、ここでは虫歯と歯周病の違いについて分かりやすく説明していきます。
共通するのはどちらも怖い病気であるということ、
特に虫歯に比べて歯周病を怖くないと考えている人は、その考えを改める機会になると思います。

それぞれの症状

虫歯は歯の病気で、虫歯の原因菌の出す酸によって歯が溶かされます。
見た目は歯に穴があき、進行することで歯はどんどん深くなっていくのです。
その穴が象牙質まで到達すると痛みを感じ、さらに神経まで到達すれば痛みを感じるようになります。

一方、歯周病は歯の骨の病気あり、歯周病の原因菌が悪さをして歯を支える骨が溶かされます。
発症時に歯肉に炎症を起こるのみですが、進行すると歯を支える骨が溶かされて歯が不安定になります。
そうすると歯はグラつき、やがては抜け落ちて歯を失ってしまうのです。

それぞれの自覚症状

虫歯には、痛みという明確で分かりやすい自覚症状がありますが、
初期の虫歯に痛みはなく、つまり痛みを感じた時点でその虫歯は進行しています。
虫歯の進行に比例して痛みは増し、神経まで進行した虫歯は夜の眠れないほどの激痛です。

一方、歯周病には虫歯ほど分かりやすい自覚症状はなく、そのため歯周病は静かなる病気と呼ばれます。
目立った自覚症状がないことで病気に気づきにくく、いつの間にか進行するのが歯周病の怖さです。
最も、自覚症状が全くないわけではなく、例えば歯肉からの出血や口臭などの自覚症状があります。

それぞれの治療方法

虫歯の治療方法は、患部を削って人工物で処置するのが基本です。
ただし、虫歯が進行しているほど削る範囲が広くなり、そのため治療時に痛みを感じることもあるでしょう。
神経まで虫歯が進行すると根管治療が必要になり、重症化している場合は抜歯も検討されます。

一方、歯周病の治療方法の基本は口の中を清潔にすることで、
歯石の除去、歯磨きを中心としたプラークコントロールがメインになるでしょう。
ただし、酷く進行していると歯肉の切開が必要になることもあり、重症化している場合は抜歯も検討されます。

それぞれの予防方法

虫歯の予防の基本はプラークの除去と食生活の改善です。
プラークを除去するには精密な歯磨きが必要で、歯ブラシだけでなくデンタルフロスも使用しましょう。
食生活は糖の摂取やダラダラ食いが虫歯の要因となり、こうした食生活を改善しなければなりません。

一方、歯周病の予防方法も虫歯のそれとほぼ同じであり、やはり精度の高い歯磨きが必要です。
デンタルフロス、もしくは歯間ブラシで歯と歯肉の境目を磨くことも効果的でしょう。
また、歯周病は生活習慣病であり、疲労やストレスの蓄積、喫煙などは発症のリスクを高める要因になります。

それぞれの共通点

虫歯と歯周病には共通点もいくつかあります。まず症状ですが、起こる症状に違いはあるものの、
重症化すると最終的に歯を失う点は同じですし、どちらも進行する病気である点も同じです。
また、予防方法も基本的に同じであり、虫歯予防の徹底は歯周病予防になり、その逆も同じことが言えます。

さらに、治すためには歯科医院の治療が必要である点も同じですね。
正確には、虫歯も歯周病も完全な初期段階であればプラークコントロール次第で自然に治りますが、
進行した場合は自然に治ることはなく、歯科医院で治療しなければなりません。

虫歯も歯周病も怖い病気

虫歯は歯の痛みを感じることはもちろん、重症化すれば歯を失いますし、
歯を失ってもなお放置すれば、虫歯の原因菌が血液の中にまで入ってきます。
そうすると血管を通じて全身に回り、稀ではありますが脳梗塞や心筋梗塞が起こる危険性もあります。

一方、目立った自覚症状がないことで軽視されがちな歯周病ですが、
目立った自覚症状がないからこそ発症しても気づきにくく、そのため進行しやすいのが歯周病の怖さです。
最終的には歯を失いますし、骨の病気であることから、例えインプラントでも歯周病は発症します。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、虫歯と歯周病の違いについてまとめます。

1. それぞれの症状 :虫歯は歯を溶かす、歯周病は歯を支える骨を溶かす
2. それぞれの自覚症状 :虫歯は歯の痛み、歯周病は目立って自覚症状がない分、進行を許しやすい
3. それぞれの治療方法 :虫歯は歯を削って人工物で処置、歯周病は歯石の除去とプラークコントロール
4. それぞれの予防方法 :どちらもほぼ同じだが、生活習慣病である歯周病は生活習慣の改善も必要
5. それぞれの共通点 :最終的に歯を失うこと、予防方法、進行すると自然に治らないことなどが同じ
6. 虫歯も歯周病も怖い病気 :虫歯は脳梗塞や心筋梗塞の要因になり、歯周病は人工の歯でも発症する

これら6つのことから、虫歯と歯周病の違いについて分かります。
ちなみに虫歯と歯周病の両方が発症することもありますが、
その場合は基本的に歯周病の治療が優先されます。
どちらも怖い病気ですが予防方法もほぼ同じなため、正しい方法でしっかりと予防してください。

よく読まれている記事

PAGE TOP