ホーム >Blog > 歯を失わないためにできることを教えてください

削らない虫歯治療
歯周内科
メタルフリー歯科
無痛インプラント
非抜歯矯正
無痛小児歯科
特殊入れ歯
ホワイトニングシステム
オールオン4,6
神経を抜かない治療
求人情報
週刊西永福
西早稲田駅前歯科・矯正歯科
永福町歯科
「TOKYO MX」シゴト手帖
講演依頼

歯を失わないためにできることを教えてください

杉並区西永福の歯医者さん、西永福歯科です。
今回のテーマは「歯を失わないためにするべきこと」です。
年齢を重ねると身体の健康に注意するようになりますが、歯の健康も同様に注意しなければなりません。

歯を失ってしまえば口元の美しさが損なわれ、食事も楽しめなくなってしまいますし、
人工の歯で対処するにしても余分なお金がかかる上、天然の歯を100%再現することは不可能です。
そこで、歯を守るために普段から心掛けるべきことをお伝えします。

定期検診の受診

歯を失うとすればその原因は虫歯や歯周病を連想しますが、
例えこれらが発症しても、完全な初期段階で発見して治療すれば歯を失う事態には至りません。
とは言え、虫歯も歯周病も初期段階では目立った自覚症状がなく、発症に気づきにくいのが問題です。

発症に気づかなければ病気の自覚ができず、歯科医院に行こうとも思わないでしょう。
そうすれば虫歯や歯周病は進行していき、やがては歯が失われてしまいます。
そこで、定期的に検診を受けて虫歯や歯周病の有無をチェックしてもらいましょう。

丁寧で精密な歯磨きをする

虫歯や歯周病予防のため、歯磨き自体は誰もが行っていると思いますが、
ただ歯磨きの精度が低ければ予防効果は低く、虫歯や歯周病から歯を守ることはできません。
ではどうすれば精密な歯磨きができるのか?…その方法は主に3つです。

1つ目に時間をかけて丁寧に磨くこと、1日1回は余裕を持って歯磨きできる時間を確保しましょう。
2つ目にデンタルフロスを使うこと、これでプラークの除去率は2割高まります。
3つ目にブラッシング指導を受けること、歯科医院に行けば正しい歯磨きの仕方の指導を受けられます。

家族で虫歯や歯周病を予防する

虫歯や歯周病は細菌による感染症で、人から人へ感染する病気です。
最も、症状が直接うつることはないため、例えば他人の進行した虫歯がそのままうつることはありません。
しかし、その原因菌…つまり虫歯や歯周病の原因菌は人から人へうつっていくのです。

正確には、虫歯や歯周病の原因菌は唾液を介してうつるため、
家族間での回し飲み、食器の共用、歯ブラシの接触などによってうつります。
自分だけ虫歯や歯周病を予防してもうつされては意味がなく、家族全員での予防が必須です。

セラミック治療の検討

既に一度虫歯になっており、その処置として銀歯やレジンを詰めている人は、
その素材をセラミックにすることを検討してください。
と言うのも、銀歯やレジンだと虫歯が再発する確率が高くなるからです。

近年流行しつつあるセラミック治療は、高い審美性を求めるゆえの治療に思われていますが、
それだけでなくセラミックにすることで虫歯の再発を予防しやすくなります。
二次虫歯を繰り返せば歯は失われますから、それを食い止めるためにセラミック治療を検討してください。

生活習慣を改善する

虫歯も歯周病も細菌による感染症ですから、身体の免疫力が高ければ感染もしづらくなります。
では身体の免疫力を高めるにはどうすれば良いのか?…そこで欠かせないのが規則正しい生活。
つまり、日常生活の中で身体の免疫力を低下させている要因を見つけ、それを排除するのです。

一般的には疲労やストレスの蓄積を解消すること、食生活を改善すること、
喫煙など身体に害を及ぼす行為を止めることなどが挙げられますね。
例えば喫煙する人としない人とでは、歯周病が発症するリスクに5倍以上の差があります。

矯正治療を検討する

歯並びが悪い人は、それだけで歯を失いやすくなります。
まず、歯が斜めに生えているなどの場合は衝撃によって歯が折れやすく、
事故によって歯を失うリスクが格段に高くなってしまうでしょう。

また、歯並びが悪ければ歯が磨きづらくなりますから、当然磨き残しも多くなります。
磨き残しが多くなれば虫歯や歯周病になりやすく、つまり歯を失ってしまう確率が高くなるのです。
矯正治療の目的は審美性の向上だけでなく歯を守ることも含まれています。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、歯を失わないためにするべきことについてまとめます。

1. 定期検診の受診 :虫歯や歯周病を早い段階で発見でき、進行前に治療することが可能
2. 丁寧で精密な歯磨きをする :プラークの除去率を高めるため、デンタルフロスを使って歯磨きする
3. 家族で虫歯や歯周病を予防する :虫歯や歯周病の原因菌は、唾液を介して人から人へうつる
4. セラミック治療の検討 :詰め物や被せ物をセラミックにすることで、二次虫歯を予防しやすくなる
5. 生活習慣を改善する :身体の免疫力を高めれば、虫歯や歯周病に感染しづらくなる
6. 矯正治療を検討する :歯並びの改善によって歯の事故、虫歯や歯周病発症のリスクを低下させられる

これら6つのことから、歯を失わないためにするべきことについて分かります。
費用がかかり、それも自由診療となるセラミック治療や矯正治療はともかく、
それ以外のことは今日からでもすぐ始められるものばかりです。
つまり、あなたさえその気になれば、今からでも歯を守ることができます。

よく読まれている記事

PAGE TOP