虫歯の予防効果を高めるための方法を教えてください

杉並区西永福の歯医者さん、西永福歯科です。
今回のテーマは「虫歯の予防効果を高める方法」です。
虫歯の予防方法、その基本となるのは毎日の歯磨きや食生活の注意でしょう。

最も、これらは既に誰もが知っていることですし、既に実践している人も多いと思います。
しかし、本当に虫歯を予防するにはこれらの予防効果をもう一段階高める必要があり、
歯磨きや食生活においてより虫歯を予防しやすくなる方法をお伝えします。

歯磨きの予防効果を高める方法

歯磨きにおいて大切なのは頻度ではなく精度、つまりいかにして磨き残しを減らせるかが重要です。
ほぼ全ての人が毎日歯磨きをしているでしょうが、精度まで気にする人はそこまで多くないかもしれません。
そこで、次の方法で歯磨きの効果…すなわち精度を高められることを知っておきましょう。

デンタルフロスで細かい隙間を磨く

ブラッシングのみの歯磨きでは、除去できるプラークは6割程度です。
歯と歯の隙間などは、いくら丁寧に磨いたところで歯ブラシが行き届かないですからね。
その点、デンタルフロスを使えば細かい隙間も綺麗に磨けるため、プラークの除去率は8割程度まで高まります。

プラークテスターで磨き残しを減らす

プラークテスターを使えば、磨き残したプラークを染め出して目に見える状態に変化させられます。
無色透明のプラークは磨き残しても気づかないですが、染色されていれば確実に除去できるでしょう。
また、何日か続けて使えば染色のパターンも掴めますから、磨き残しの多い箇所を把握できます。

ブラッシング指導を受けて技術を高める

歯科医院の定期検診ではブラッシング指導を行っています。
ブラッシング指導とはその人の歯並びに合った効率の良い歯磨きの仕方を指導するもので、
マスターして実践することで毎日の歯磨きの技術が高まります。

食生活の予防効果を高める方法

虫歯とは、歯の脱灰と再石灰化のメカニズムのバランスが崩れることで起こります。
食事の時の脱灰と食事後の再石灰化、これらは文字どおり食事…すなわち食生活が関係しており、
そのため食生活を見直して改善することが虫歯の予防効果を高めるのです。

糖の摂取を控える

甘いものを食べると虫歯になりやすいと言われているのは、虫歯の原因菌が糖をエネルギーにするためです。
糖は虫歯の原因菌にとって大好物であり、摂取することで多くの酸を出すようになります。
このため、糖の摂取を控える食生活を心掛ければ、それだけ虫歯を予防しやすくなるでしょう。

ダラダラと時間をかけて食事しない

ダラダラといつまでの時間をかけて食事すると、脱灰の時間が長引いてしまいます。
そうすると再石灰化が起こっても修復が追い付かなくなり、初期の虫歯に至ってしまうのです。
特に子供はダラダラ食いをしやすい傾向があるため、親は注意してあげなければなりません。

よく噛んで食べる

食生活の改善と聞くと、食べ物の種類や食事する時間を連想しますが、食事の仕方もこれに含まれます。
具体的にはよく噛んで食べること…これは唾液の分泌量を高めるためですね。
唾液の量が少ないと細菌が流れにくく、そのためよく噛んで食べない人は虫歯になりやすいのです。

虫歯の予防効果を高める意外な方法

虫歯を予防するためには毎日の歯磨きと正しい食生活が重要ですが、
それ以外にも予防につながる方法はいくつかあり、その中には意外なものもあります。
次の方法は虫歯予防と一見無関係に思えますが、実は虫歯予防の効果を高めることができるのです。

充分な睡眠をとる

虫歯は細菌への感染によって起こる病気であり、すなわち感染症です。
インフルエンザを連想すると分かると思いますが、身体の免疫力が高ければ細菌に感染しづらく、
そのため充分な睡眠をとって疲労を解消、身体の免疫力低下を防ぐことで虫歯予防につながります。

矯正治療を受ける

矯正治療で歯並びを改善すれば、虫歯を予防しやすくなります。
凸凹した歯並びでは歯磨きがしづらく、そのため磨き残しも多くなってしまうでしょう。
その点、歯並びを改善すれば歯磨きがしやすくなり、磨き残しを減らして虫歯を予防しやすくなるのです。

予防歯科を受診する

歯科医院の診療科目の一つに、予防歯科があるのをご存知でしょうか。
予防歯科では文字どおり虫歯を予防するための治療を行っており、
歯科医院で受けられる治療は症状を改善するためのものだけではないのです。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、虫歯の予防効果を高める方法についてまとめます。

1. 歯磨きの予防効果を高める方法 :デンタルフロスやプラークテスターを使う
2. 食生活の予防効果を高める方法 :糖の摂取を控える、ダラダラと時間をかけて食事しない
3. 虫歯の予防効果を高める意外な方法 :充分な睡眠をとる、矯正治療を受ける、予防歯科を受診する

これら3つのことから、虫歯の予防効果を高める方法について分かります。
このように改めて解説していくと、虫歯の予防方法が歯磨きだけではないことが分かりますし、
言い換えればそれは歯磨きだけでは虫歯予防として不充分とも判断できますね。
虫歯の予防方法を基本を知った後は、その基本の効果をさらに高めることを考えてください。