ホーム  > 診療メニュー  >  オールオン4,6

オールオン4,6

特殊インプラント『All-On-4,6(オールオンフォー、シックス)』

All-On-4,6とは

下あごに4本、上あごに6本のインプラントを埋め込むことにより、総入れ歯のようにすべての歯の治療を行うことができるのがこのAll-On-4,6(オールオンフォー、シックス)です。特殊な被せ物を連結させたインプラントを使用し、自分の歯のようにすることが可能です。

この治療法は非常に高度な技術が必要となります。当院の歯科医師は数々のインプラント手術を経験しているため、総入れ歯やそれに近い部分入れ歯の方に、自信をもってご提案させていただける治療法です。

オールオンフォーシックス

総入れ歯とは

総入れ歯

All-On-4,6(オールオンフォー、シックス)は、総入れ歯、もしくは総入れ歯に近い量の部分入れ歯の方にお勧めの治療法です。

一昔前の歯科医療では、医学がまだ未熟だったために歯を保存することが難しく、歯を抜く治療がほとんどでした。すでに現在総入れ歯の方の場合、今の技術ならまだ残せた歯もすべて抜歯してしまい、総入れ歯になってしまっているケースがほとんどです。

総入れ歯やそれに近い状態の方に多く聞かれるのが、固いもの、芯のあるもの、ねばつくものなどは入れ歯が外れるため噛めない、という悩みです。なぜなら入れ歯の噛む力は、どんなに技術のある歯科医師・歯科技工士が作ったものであっても、健康な歯に比べて30%以下しかないのです。

総入れ歯は歯茎への吸着力のみでくっついており、固いものを噛もうとすると、噛む力よりも歯茎との吸着力のほうが弱いため、すぐに外れてしまいます。これは、入れ歯は噛む際、感覚が歯茎に伝わるためです。

健康な歯の場合は、噛むと骨に感覚が伝わります。これがいわゆる『歯ごたえ』と呼ばれるものです。

特に私たち日本人はこの『歯ごたえ』を重視する傾向にあります。固いものをしっかりと噛んで食べ、この歯ごたえを感じたいと思う総入れ歯の方は多いのではないでしょうか。

インプラント治療について

インプラント治療

「入れ歯でもしっかり噛んで食べたい」という思いを抱いている患者さまのために、当院では日々技術を磨き、身に付けてきました。

インプラント(人口歯根)治療は、現在の歯科医療で、健康な歯に一番近い感覚へ導くことができる治療法です。しかし、従来総入れ歯の方がインプラント治療を受けるには、手術回数も多く、治療期間も半年と長いものでした。そこで開発されたのがAll-On-4,6(オールオンフォー、シックス)という治療法なのです。

※インプラント治療について詳しく知りたい方は『無痛インプラント』ページをご覧ください。

All-On-4,6の特徴

All-On-4,6

All-On-4,6(オールオンフォー、シックス)はインプラントを斜めに埋入することで、最少4~6本のインプラントで人口歯を支えることが可能な画期的な治療法です。手術や治療費も最小限に抑えることができます。

また、手術当日からしっかり噛めるようになるため、たった一日で総入れ歯の悩みから解放されます。入れ歯特有の面倒な手入れなども必要ありません。

総入れ歯やそれに近い状態でお悩みの方は、ぜひ一度ご相談ください!

PAGE TOP