ホーム  > 診療メニュー  >  無痛インプラント

無痛インプラント

インプラント治療とは

インプラント療とは

歯科では、人口歯根のことをインプラントと呼びます。歯が抜けてしまった部分にチタン製のインプラント(人口歯根)を埋め込み、そこに歯の代わりとなる被せ物をします。これがインプラント治療です。
インプラント治療は自分の歯と同じように噛むことができるため、たくさんの方がこの治療法を選択しています。

また、インプラントは入れ歯やブリッジに比べ、歯に負担をかけずに治療ができるのも、選ばれる理由の一つです。

インプラントの特徴

  • 他の歯に負担がかからない
  • 被せ物の色や形は自由に作ることが可能

部分入れ歯・ブリッジとは

部分入れ歯ブリッジ
特徴残っている歯にバネ(スクラプ)をかけて人工歯を安定させる方法。両隣の歯を削って土台を作り、橋渡しのように人口の歯と一緒にはめこむ方法。
メリット治療が簡単で、治療費も比較的安価で済む。周りの歯と一緒に固定するため、違和感が少ない。
デメリット固い物が噛みづらい。
留め金(針金)の手入れが必要、見た目が良くない。
部分入れ歯デメリット
両端の歯を削るため、負担がかかる。
食べ物などが詰まって不衛生になりやすい。
ブリッジデメリット

部分入れ歯やブリッジはインプラントに比べると治療法も簡単で、治療費も抑えることができます。しかし一方で、針金をかけたり健康な歯を削る必要があるため、何もしない状態より10倍以上の負担がかかるといわれています。

また、負担がある一定量を超えると歯が折れたり抜ける可能性があり、更なる治療が必要になる可能性もでてきます。

長い目で見ても、健康な歯を残すためにはインプラント治療が良い治療法といえるのではないでしょうか。

当院の治療は『歯を抜かない無痛インプラント』

当院で行うインプラント治療は、痛みや腫れがない治療法を採用しています。特別な薬や方法を用い、オリジナルの清掃プログラムを使うことで、インプラント治療の高い成功率の実現を可能にしています。

無痛インプラント治療の流れ

1.口腔内の写真撮影・模型作成・レントゲン撮影

今のお口の状態を、様々な角度から検査します。

2.歯周病の治療

手術前に歯周病のチェックをします。歯周病になっていると感染のリスクが上がるため、必要があれば先に歯周病の治療を行います。

3.CT撮影

顎骨のレントゲン撮影を行います。骨の状態や厚みなどを診断し、インプラントを埋め込む一や角度の計画を行います。

4.埋め込み手術

埋め込み手術

人口歯根(チタン製のネジ)を埋め込みます。手術はおよそ1~2時間で終わり、歯を抜く程度の負担で済みます。

5.定期検査

定期検査

埋め込んだ人口歯根(インプラント)は骨とくっつくまでに2~4か月かかります。それまでの間、感染していないか定期的に検査をします。

※検査の目安

  • 手術の翌日:消毒
  • 一週間後:抜歯
  • 2週間~1か月毎:定期検査

6.キャップ交換

キャップ交換

人口歯根(インプラント)が骨とくっついているのが確認できたら、歯茎に埋めこまれたキャップを、歯茎から出るタイプに交換します。

7.型採り

型採り

歯の色や形などを決め、被せ物の精密な型をとります。色や形については相談して決めていきますので、ご希望があればご相談ください。

8.被せ物完成

被せ物完成

出来上がった被せ物を埋め込んだ人口歯根(インプラント)に装着し、完了です。

PAGE TOP