ホーム  > 診療メニュー  >  無痛小児歯科

無痛小児歯科

削らずに治す無痛小児歯科

当院では、「削らない・痛くない・抜かずに歯を残す」をコンセプトに治療を行っております。それは小児歯科でも同じで、通常削らなければいけない歯も、特殊な薬を用いて削ることなく治療をしていきます。

永久歯に生え変わる前の乳歯はとても薄く、少し削っただけで深く穴が開き、痛みが発生します。削らなければ痛みも発生しませんので、子どもにとっても苦痛になりません。

無痛小児治療の流れ

ダイアグノデントによる虫歯チェック

ダイアグノデント

当院では「ダイアグノデント」という虫歯探知機を使い、虫歯の進行度を診断しています。

通常、虫歯の進行度を調べるためには多少歯を削る必要があり、負担がかかります。また、視診だけでは限界があります。この探知機を使うことで、歯を削ることなく虫歯を見つけることができるのです。

削らない治療

虫歯の治療は進行度によって変わります。初期のCOと呼ばれる虫歯であれば、進行を抑えるための予防処置だけで完了です。

通常、削るような虫歯であっても、当院では削りません。特殊な薬を削らずに詰めて治療するため、麻酔の必要もありません。

永久歯のための環境作り

乳歯は数年で生え換わって永久歯になるため、当院では乳歯よりも永久歯に重点を置いています。いずれ生え揃う永久歯のため、虫歯になりにくいお口の環境作りに努めております。

注意点

削らない虫歯治療は、痛みがなく苦痛にならないメリットがありますが、その分取れやすいという欠点がございます。詰め物が取れてしまった場合は詰め直しますので、お手数ですがご来院ください。

食育について

「食育」という言葉を聞いたことがありますか?

食育とは、「生きる上での基本であって、知育・徳育・体育の基礎」と食育基本法で位置づけられています。

当クリニックでは、食育カウンセラーが「“食”は歯と体の健康の源」をモットーに、食生活と虫歯予防や簡単なレシピについて情報提供しております。

詳しくはこちら

PAGE TOP