ホーム  > 診療メニュー  >  根っこの治療

根っこの治療

再発しない根管治療『抗菌性根充法』

一度神経を抜いてしまった歯は、菌が繁殖しやすく再発する可能性があります。当院では、神経を抜いて弱ってしまった歯を、それ以上傷めることなく再発もさせない治療法、『抗菌性根充法』を取り入れています。

抗菌性根充法の特徴

  • 再発がほとんどない
  • 歯をほとんど削らないため、歯がそれ以上弱くならない
  • 数回の治療で治る
  • 今まで何度も再発した場合にも効果的
  • 抜歯が必要な場合でも抜かずに治せる可能性がある

根管治療について

根管治療とは、歯の神経を取る根の部分の治療のことをいいます。通常、虫歯が進行すると神経を抜く治療を行います。一度神経を抜くと歯が弱くなって折れたり、菌に対する免疫がなくなるために再度感染したりと、再治療が必要になることが多くあります。そして、最終的には抜くことになってしまうのです。

当院では神経を抜かずに治療をする歯髄回復治療も行っておりますので、まだ一度も神経を抜いていない歯が痛む方はご相談ください。

根管治療の流れと特徴

根管治療は歯の根っこの部分を大きくくり抜いて神経を取り、そこにゴムと補強材を詰めて被せ物をする治療法です。

根管治療

根の部分は菌が繁殖しやすい

お口の中にある菌は、多くが酸素を嫌います。歯の奥の根の部分は酸素がほとんどないため、菌が増えやすい状態になります。

菌に対する免疫がなくなる

神経を抜くため免疫が働かなくなり、治療をしても感染を起こしやすい状態になります。

再発しやすい

根管治療は歯をくり抜いて神経を取るため、歯が非常に弱くなります。また、詰め物には抗菌性がないため、菌が繁殖するのを助けて感染しやすなります。

一度根管治療を行った歯の再治療は、さらに根の部分をくり抜く必要があるため難しくなります。また、さらに歯を弱めてしまうことになり、最終的に抜く必要が出てきてしまうのです。

『抗菌性根充法』治療の流れ

  1. 根の奥まで特殊な薬剤でしっかり除菌を行います。透過性があり、殺菌力の高い薬剤を使用します。
  2. 充填剤を歯の中に詰めます。この充填剤は殺菌成分を放出しますが、身体には無害なので安心です。密閉性も高いので、菌の繁殖するスペースをなくします。
  3. 抗菌性が高く強度も充分なセメントで土台を作り、被せ物をして完了です。

抗菌性根充法治療の流れ

抗菌性根充法は削らずにできる治療法です。治療回数も少ない上、再発もほとんどしないため、経済的な負担も軽減されます。

PAGE TOP