自宅で歯を白くすることが出来る方法があると聞いたのですが、どんな方法ですか?

ホワイトニングで歯を白くできるとはいえ、実際に通院することを手間に感じる人もいます。
また、虫歯治療ならともかく、美容の意味でのホワイトニングのために時間を割けないという人もいるでしょう。
そこで注目される方法が、自宅で歯を白くできるという方法です。
実際にホームホワイトニングというものがあり、これは主に自宅をホワイトニング治療の場にする方法です。
ここでは、そんなホームホワイトニングについて、分かりやすく特徴などを説明していきます。

ホームホワイトニングとは

ホワイトニングと言っても、実際にはいくつかの種類があり、ホームホワイトニングはその中の一つです。
名前のとおり、自宅でホワイトニングを行う方法であり、手段としては専用のマウスピースを使用します。
マウスピースにホワイトニング剤をセットし、そのマウスピースを毎日二時間ほど装着します。
こうすることで、徐々にホワイトニング剤の効果が出て、歯を白くできるのです。

また、ここで使用するホワイトニング剤は、市販のホワイトニング歯磨き粉のようなものではなく、歯科医院で治療を行う際に使用する、正式なホワイトニング剤です。
このため、歯科医院で行うホワイトニングと同じ効果を得ることができますし、何より自宅で行えるホワイトニングという点で、手軽さが魅力になっているのです。

通院がゼロではない

何から何まで自宅で行えるというわけはないので、通院がゼロでないことは知っておいてください。
そもそもマウスピース自体を受け取るために、歯科医院に行く必要があるわけですし、場合によっては経過チェックの意味で通院が必要になることもあります。
つまり、「自宅でできる=歯科医院に一切行く必要がない」と言うわけではないのです。

最も、実際のホワイトニング自体は自宅で行うため、自分のペースでできるという手軽さはあります。
また、費用においても、歯科医院で行うオフィスホワイトニングより安いという利点もあります。
ちなみに、ネットを利用すれば、海外製のマウスピースを購入し、完全に自身だけで行うことも可能です。
しかし、マウスピースのサイズ、薬剤の注意点などを考えると、例え手間でも歯科医院を利用した方が安全です。

オフィスホワイトニングとの比較

同じホワイトニングでも、歯科医院で行うオフィスホワイトニングと比較すると、いくつか異なる点があります。
さらに言えば、オフィスホワイトニングに勝るメリットもあれば、劣るデメリットもあるのです。
まずメリットとしては、ホワイトニングの効果自体が長持ちすることです。
どちらにしても永久ではないのですが、ホームホワイトニングの方が、後戻りするまでの期間が長くなります。

また、通院の必要があるケースが存在するとはいえ、やはり自宅で行える手軽さが大きなメリットになります。
一方、デメリットとしては、実際の効果が出るまでに時間がかかることです。
つまり、オフィスホワイトニングより長持ちする反面、オフィスホワイトニングより効果が出るのが遅いのです。
さらに、料金面での話をすれば、ホームホワイトニングの方が安くなっています。

ホームホワイトニング以外の方法に注意

単純に自宅で歯を白くする方法として考えると、他にも方法はあるでしょうし、ネットでも紹介されています。
しかし、“歯科医院の治療と言える正式なホワイトニング”という条件を含めると、自宅で行える方法はホームホワイトニングが適切ですし、むしろこの方法オンリーになります。
このため、これ以外の歯をする方法については、注意が必要になります。

例えば、市販のホワイトニング歯磨き粉と使うという手段を挙げる人もいますが、市販のホワイトニング歯磨き粉では、エナメル質の表面の汚れを落とすことしかできません。
また、市販のマニキュアを使用するという方法もありますが、この場合、技術が仕上がりに関わってきます。
つまり、ホームホワイトニング以外の方法を実践する場合、効果の違いや注意点などが発生してくるのです。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、自宅で歯を白くできる方法とは何かについてまとめます。

  1. ホームホワイトニングとは :自宅でマウスピースを使って行うホワイトニング
  2. 通院がゼロではない :自宅でできるからといって、歯科医院に全く行かなくていいとは限らない
  3. オフィスホワイトニングとの比較 :効果が出るのが遅いが、長持ちする。オフィスホワイトニングより安い
  4. ホームホワイトニング以外の方法に注意 :歯科医院の治療と言える方法は、ホームホワイトニングのみ

これら4つのことから、自宅で歯を白くできる方法について分かります。
ホームホワイトニングを検討する場合、確かに自宅でできるという点が大きな特徴であり、利点でもあります。
しかし、歯科医院で行うオフィスホワイトニングと比較すると、いくつかの違いがあるのも事実です。
このため、自宅でできるという点だけに捉われず、ホームホワイトニング全体のメリットとデメリットを把握し、それら全ての点で判断して、治療を検討するようにしてください。