現在虫歯の治療で通院していますが、痛みはなくなりました。もう通院をやめてもいいですか?

虫歯治療のための通院は1回では終わらず、それが面倒という人もいます。
しかし、虫歯の痛み自体は1回目の治療で消えることが多いですね。
このため、中には痛みが消えたからという理由で通院をやめたいという人もいるのです。
もちろんやめていいはずはないですし、もし実際に通院をやめたらどうなるかを考えてみます。

1. 虫歯がさらに進行する

治療の途中で通院をやめるということは、虫歯が完全に治っていないことになります。
どの段階でやめるかにもよりますが、もし虫歯菌が残っている状態なら再び進行してしまいます。
虫歯は一度進行すると自然に治ることはないため、治療でしか虫歯菌をなくすことはできないのです。

再び虫歯が進行すれば、当然また痛みを感じるようになりますし、
削りっぱなしの状態で通院をやめてしまった場合は、神経が近いことで痛みはより激しく感じるでしょう。
最後まで治療しない限り、いずれまた虫歯の痛みに悩まされることになるのです。

2. 再治療する時に負担が増える

一旦治療をやめてしまうと、後に再治療した場合に患者さんの負担が増えることになります。
再治療とは言っても前回の途中からできるわけではなく、正確には治療のやり直しになるのです。
このため、一度した治療をもう一度最初から行うことになり、それだけ治療期間も長引きます。
治療期間が長引けば、それだけ治療費にも影響してきます。

また、削ったままで治療をやめた場合は神経が露出して虫歯になりやすく、
場合によっては抜歯が必要になるほどの状態まで悪化してしまう可能性もあるのです。
つまり、治療の長さ、費用、治療内容のつらさ、これらの負担が余計に掛かってしまうのです。

3. その歯科医院に行きにくくなる

痛くなくなったという理由で治療を途中でやめ、再び痛んでまた歯科医院に行くとします。
こうやって言葉で言うのは簡単ですが、実際にはそうスムーズにはいきません。
と言うのも、途中で通院をやめてしまったわけですから、
人間心理を考えるとその歯科医院には行きづらくなるのです。

もちろん、前回途中で治療をやめたからといって治療を拒否されることはありません。
しかし、歯科医からすればその患者さんの前回の行動を覚えていますし、記録にも残っています。
また、だったら他の歯科医院で治療を受ければいいと思う人もいるかもしれません。
しかし、そこでまた途中で通院をやめてそれを繰り返せば、行ける歯科医院がなくなってしまいます。

4. 人にうつる可能性がある

痛かろうか痛くなかろうが、虫歯は必ず最後まで治さなければなりません。
もちろん自分自身のためでもありますし、それだけでなく大切な人のためでもあるのです。
と言うのも、虫歯は人にうつるからです。唾液を介してうつるため、キスや食器の共用などでうつります。
これらの行為を考えると、家族や恋人にうつしてしまうことになるのです。

ちなみに、正確に言えば虫歯ではなく虫歯菌がうつります。
このため、キスしたからと言って相手が即座に虫歯になるわけではありません。
しかし、虫歯菌が相手の口内に侵入してしまう可能性はあるため、
大切な人の口内に虫歯菌を送ってしまうことにはなるのです。

5. 他の歯に悪い影響がある

歯を削ったままの治療途中で通院をやめてしまうと、それが他の歯にも影響してきます。
放置したままの状態にされた歯はどんどん削れてきますし、
そうなることで隣接する歯が傾いてしまうこともあります。

また、上の歯がどんどん削れてきた場合は下の歯との噛み合わせが悪くなります。
このパターンの場合、噛み合わせることのできない下の歯はやがて伸びてきます。
さらに、噛み合わせの悪さは頭痛や肩こりの要因にもなり、体調不良すら招いてしまうのです。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、虫歯治療で通院している時、痛みがなくなれば通院をやめてもいいかについてまとめます。

  1. 虫歯がさらに進行する :治療途中で通院をやめれば虫歯菌はまだ生きているため、いずれ進行する
  2. 再治療する時に負担が増える :また治療を希望した時は最初からやり直し。その分治療期間も長くなる
  3. その歯科医院に行きにくくなる :治療途中で通院をやめれば、当然その歯科医院にはもう行きづらい
  4. 人にうつる可能性がある :虫歯菌が口内に残っている以上、それが家族や恋人にうつることもある
  5. 他の歯に悪い影響がある :治療途中で放置した歯は削れてくる。それが他の歯に悪影響を及ぼす

これら5つのことから、虫歯治療で通院している時、痛みがなくなれば通院をやめてもいいかが分かります。
治療途中で通院をやめてしまえば、やがて虫歯が再び進行し、再び歯科医院に行っても治療期間が長くなり、
治療内容も簡単なものではなくつらい治療になってしまいます。
つまり、分かりやすく言えばデメリットだらけなのです。
このため、虫歯治療は必ず最後まで行うべきですし、痛みの有無だけで判断してはいけないのです。