インプラントはどのくらいもちますか?

杉並区西永福の歯医者さん、西永福歯科です。今回のテーマは「インプラントの寿命」です。
入れ歯や被せ物を使った経験がある人なら分かるでしょうが、これらには寿命があります。
そうなると気になるのが、インプラントの寿命です。

元々インプラントは見栄えの良さや人工の歯の根を埋め込むことによる安定性がウリであり、
どれくらいもつかに関しては聞いたことがないという人がほとんどでしょう。
そこで、ここではインプラントの寿命について説明していきます。

1. 10年以上もつことが大半

あくまでデータになりますが、インプラントの累積残存率は10年で9割を超えています。
また、中には10年保証を掲げるメーカーもあるため、その点で考えると10年以上もつことが大半ですし、
中には20年や30年問題なく使用できたという人も実際にいるのです。

ただしこれには、適切なメンテナンスを継続して受けていることが前提になります。
インプラントは10年以上もつことが大半とは言え、何もせずに10年もつことはあり得ません。
メンテナンスの通院を欠かすことなく、口の中が健康な状態であってこそ10年使い続けることができるのです。

2. 入れ歯やブリッジの場合

インプラントが10年以上もつとは言え、それが長いのか短いのか分からないという人もいるでしょう。
そこで、歯を失った際の他の治療と比較してみます。まず最もインプラントと比較されやすい入れ歯ですが、
入れ歯の場合は約5年、さらにブリッジの場合は約7年というのが平均寿命になります。

この点から分かるとおり、インプラントは他の治療に比べて明らかに長持ちするのです。
また、入れ歯の場合は落とすと意外にも簡単に割れてしまう一面があるのですが、
取り外しの必要がないインプラントにおいてはそういった破損などのトラブルも起こりにくいのです。

3. 保証を確認しておく

上記で説明したとおり、10年以上もつというのはあくまでメンテナンスなどの類を怠らなかった場合です。
また、いくら頑丈なインプラントでも噛んだ時に上部構造(人工の歯)が割れる可能性もゼロではありません。
このため、インプラントを希望する際には万一の事故や破損への対処を確認しておく必要があるのです。

つまり保証に関してで、どういった保証内容でどれくらいの期間保証があるのかなど、
これらについては治療前に歯科医院で必ず確認してください。
高額な治療費だからこそ、こうした万一の事態への保証はしっかりと確認しておかなければなりません。

4. 寿命を縮める要因

インプラントの寿命はライフスタイルに大きく左右されるので、寿命を縮めてしまう要因も説明しておきます。
まず上記でも説明したとおり、メンテナンスを怠ることです。いくら快適に使用できているとは言え、
噛み合わせが合っているかについては歯科医院で検査してもらわなければ分かりません。

コンマ2ミリ単位のわずかな差異でも、噛み合わせの狂いはインプラントにとって致命傷になるのです。
また、顎の骨にインプラントが埋め込まれている以上、その骨を溶かしてしまう歯周病にも要注意です。
インプラント周囲炎になってしまうと、寿命が縮むどころかインプラントが脱落することもあり得ます。

5. 歯科医院選びの重要さ

インプラントのメンテナンスを行うのは歯科医ですし、治療を行うのも当然歯科医です。
このため、信頼できる歯科医のもとで治療を受けなければ、せっかくのメンテナンスも意味がありません。
と言うことは、虫歯治療などと違って治療を受ける歯科医院選びも重要だということです。

本来、歯の治療を受ける際には何よりも通院のしやすさを最優先する人がほとんどです。
しかし、インプラントにおいてはそれ以上に信頼できる歯科医院を選ぶことが大切です。
歯科医院のHPなどをチェックして、インプラント専門医が在籍する歯科医院や治療の実績に長けた歯科医院、
距離よりもそういった部分を重視して歯科医院選びをするべきです。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、インプラントの寿命についてまとめます。

  1. 10年以上もつことが大半 :10年以上もつことが大半だが、それはメンテナンスを欠かさないことが前提
  2. 入れ歯やブリッジの場合 :インプラントが10年以上もつのに対して、入れ歯は約5年でブリッジは約7年。
  3. 保証を確認しておく :破損など、万一の事態のために保証内容は治療前に詳しく確認しておく
  4. 寿命を縮める要因 :メンテナンスを怠る、インプラント周囲炎(インプラントの歯周病)など
  5. 歯科医院選びの重要さ :メンテナンスの精度を高める意味で、インプラント治療に長けた歯科医院を選ぶ

これら5つのことから、インプラントの寿命が分かります。
インプラントの場合、細かく○○年もつといった断言はできません。
なぜなら、長くもつかどうかはメンテナンスの通院を含めたライフスタイル次第だからです。

メンテナンスを欠かさず口の中のケアも徹底すれば、事故がない限り10年以上もつでしょう。
一方、メンテナンスもケアもおろそかにしてしまえば、
すぐにインプラント周囲炎になってインプラントはダメになってしまうでしょう。