銀歯にすべきかセラミックにすべきかで悩んでいます。どちらがおすすめですか?

杉並区西永福の歯医者さん、西永福歯科です。
今回のテーマは「銀歯とセラミックの比較」です。
虫歯治療などで歯を削った場合、患部は詰め物などの人工物で処置しなければなりません。

このように、人工物が必要となった場合はその人工物の素材を選択できることをご存知でしょうか。
一般的な素材は銀歯ですが、近年ではセラミックを希望する人も増加傾向にあり、
そこで銀歯とセラミックを対象にしてそれぞれの特徴を比較してみます。

銀歯の特徴

銀歯の特徴を長所と短所に分けると、まず長所は費用が安いことで、これは保険診療となるためです。
また、金属である銀歯は強度に優れており、簡単に割れてしまうことはないでしょう。
もっとも、長所として挙げられるのはこのくらいであり、それ以外の特徴は短所が目立ちます。

最大の短所は審美性が低いことであり、目立つ銀歯を嫌う人は多いのではないでしょうか。
さらに、銀歯はプラークが付着しやすいため虫歯の再発が起こりやすく、
実際に銀歯を使用している人は「虫歯→治療」の繰り返しで悩むケースが多いのです。

<銀歯の特徴まとめ>
●保険診療のため費用が安い
●金属のため強度が高い
●審美性が低く、虫歯の再発が起こりやすい

セラミックの特徴

次に、セラミックの特徴を説明します。最大の長所となるのは審美性の高さであり、
ただ白いだけでなく自分の歯の色にあった自然な白さへの調節が可能です。
また、二次虫歯を予防しやすい点や長持ちしやすい点も長所でしょう。

一方、短所となるのは自由診療のために費用が高いこと、
陶器を素材としているために事故で欠ける可能性があることが挙げられます。
もっとも、セラミックのこれらの欠点は方法次第で解消可能です。

<銀歯の特徴まとめ>
●審美性が高く、自然な白さを再現できる
●二次虫歯が起こりにくい
●自由診療のため費用が高く、強度は金属に比べて劣る

セラミックの欠点の解消方法

セラミックの欠点は費用の高さと強度の問題ですが、これらの欠点は次の方法で解消できます。

費用を安くする方法

セラミックの中でも、ハイブリッドセラミックを選択すれば費用は安くなります。
ハイブリッドセラミックはレジンとセラミックの中間にあたる素材のため、
他のセラミックに比べて審美性が劣るものの、お手軽なセラミックとしてのメリットがあります。

強度を高める方法

メタルボンド、ジルコニアセラミックはいずれも強度に優れた特徴を持つセラミックであり、
これらのセラミックを選択すれば奥歯でも安心して使えます。
また、100%セラミックとなるオールセラミックも充分な強度を持っています。

保険診療のセラミックについて

2014年に健康保険が改定され、セラミックにも健康保険が適用されるようになりました。
ただしこれは従来のセラミック治療全てが対象となるわけでなく、いくつかの基準が定められています。
まず、選択できるセラミックはハイブリッドセラミックの被せ物に限られています。

さらに、このハイブリッドセラミックは自由診療のハイブリッドセラミックとは別物であり、
従来のものに比べて審美性・耐久性が劣ったものになります。
さらに治療対象となる歯の部位・対応できる歯科医院も限られているのです。

銀歯とセラミックはどちらがおすすめか

2銀歯とセラミックはどちらがおすすめか?…その回答は患者さんによって異なります。
「審美性が低くて費用の安い銀歯」と「審美性が高くて費用の高いセラミック」、
こう表現すると銀歯とセラミックがまるで真逆の特徴を持っていることが分かるでしょう。

それぞれの素材は全く別物で、患者さんが何を優先するのかによっておすすめは変わります。
例えば、何より費用の安さを優先したいのであれば保険診療の銀歯がおすすめになりますし、
二次虫歯の繰り返しで悩んでいるのであればセラミックがおすすめになるでしょう。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、銀歯とセラミックの比較についてまとめます。

1.銀歯の特徴:費用が安く、強度も高い。一方で審美性が低く、虫歯が再発しやすい
2.セラミックの特徴:審美性も機能性も高い。一方で費用が高く、事故で欠けることもある
3.セラミックの欠点の解消方法:費用の安さや強度の高さを特徴としたセラミックがある
4.保険診療のセラミックについて:従来のセラミック治療とは別のタイプのセラミックになる
5.銀歯とセラミックはどちらがおすすめか:患者さんの要望次第で変わる

これら5つのことから、銀歯とセラミックの比較について分かります。
単純に性能だけで考えれば明らかにセラミックが優れており、銀歯は欠点が目立ってしまうでしょう。
もっとも、銀歯はその分だけセラミックに比べて費用が安いという特徴があるのです。

最終的には、患者さんが何を優先するのかによって銀歯かセラミックかの選択が決まります。
後悔しない選択をするためにも、患者さんも銀歯とセラミックの違いを覚えておくと良いでしょう。