二次虫歯になった場合、現在使用している詰め物は使えますか?

杉並区西永福の歯医者さん、西永福歯科です。
今回のテーマは「二次虫歯と詰め物について」です。
虫歯治療をした詰め物で処置した歯…その歯はもう虫歯にならないと思いますか?
答えはノーで、一度治療した歯が再度虫歯になることもあり、それを二次虫歯と呼びます。

この場合、状況的に詰め物の下が虫歯になっているわけですが、
二次虫歯になった場合は現在使用している詰め物はどうなるのでしょうか。

ここでは、二次虫歯になった際に現在の詰め物はそのまま使えるか?
…さらには二次虫歯に関して触れ、その予防方法についても説明していきます。

1. 二次虫歯の要因 

今回のテーマでは二次虫歯という虫歯が関係しているため、まずは二次虫歯の要因について説明します。
冒頭で説明したとおり、二次虫歯とは一度虫歯治療をした歯が再度虫歯になることです。
さて、そもそも詰め物をしているはずの歯がどうして虫歯になってしまうのでしょうか。
詰め物というのは歯にピッタリと接着しているため、本来なら虫歯菌が侵入することはできません。

しかし詰め物は人工物ですから、使用年数が経つにつれて劣化していくのです。
そして詰め物が劣化すると接着が弱まり、歯との間に隙間を生じさせてしまうのです。
その隙間から虫歯菌が侵入することで二次虫歯が起こります。
成人の虫歯治療の多くがこの二次虫歯によるものですし、これは決して稀なケースではないのです。

2. 二次虫歯になった時の詰め物 

今回のテーマに回答すると、二次虫歯になった時は今の詰め物をそのまま使用することはできません。
これには2つの理由があります。1つは上記でも説明したとおり、二次虫歯は詰め物に生じた隙間が要因であり、
隙間が生じるのは詰め物が劣化している可能性が高いからです。
詰め物が劣化している以上、今の詰め物を使用することはできません。

もう1つの理由は、二次虫歯を治療することで詰め物の範囲が広くなるからです。
と言うのも、二次虫歯の治療でも歯を削ることになるため、
それによって元々よりも削ってある範囲が広くなり、今までの詰め物では合わなくなるのです。
二次虫歯の治療後は、改めてその時の歯の状態にピッタリ合う詰め物に交換する必要があります。

3. 二次虫歯の問題点 

二次虫歯が起こった時には今までの詰め物は使えません。
最も、詰め物の行方よりももっと深刻に考えなければならないのは、二次虫歯が起こったという事実です。
なぜなら、二次虫歯は何度でも繰り返されますし、繰り返すことで最終的に歯を失うことになるからです。
虫歯治療では、余程初期の虫歯でない限り歯を削ります。

歯を削って詰め物を入れますが、二次虫歯が起これば再び治療で歯を削ることになります。
こうして虫歯を繰り返してその都度歯を削ってしまえば、いずれ歯はなくなってしまうでしょう。
また、詰め物の下は綺麗に歯磨きすることもできないですし、詰め物の劣化に気付くのも難しいでしょう。
このため、二次虫歯は繰り返すことで歯を失う、さらには予防しにくいという問題があるのです。

4. 二次虫歯の予防方法 

予防が難しい二次虫歯をどうやって予防するか?…もちろん基本は毎日の歯磨きです。
そして、最も効果的な予防方法は今回のテーマでもある詰め物がポイントになってきます。
具体的には、詰め物の材質にこだわることです。詰め物には銀歯やセラミックなどの種類がありますが、
セラミックにすることで二次虫歯を予防しやすくなるのです。

なぜなら、セラミックは他の種類の詰め物に比べて隙間が生じにくいからです。
詰め物としての寿命も長いので劣化しづらく、歯との接着の相性も良い特徴を持っています。
さらにプラークも付着しにくいため、銀歯に比べると格段に二次虫歯を予防しやすくなります。
審美性の高さだけが特徴に思えるセラミックですが、実は二次虫歯予防に効果的な詰め物でもあるのです。

まとめ 

いかがでしたか?
最後に、二次虫歯と詰め物についてまとめます。

1. 二次虫歯の要因 :劣化によって詰め物に隙間が生じ、そこから虫歯菌が侵入することで起こる
2. 二次虫歯になった時の詰め物 :「範囲が広がってサイズが合わない」、「劣化」などが理由でもう使えない
3. 二次虫歯の問題点 :「治療を繰り返してその都度歯を削ることでいずれ歯を失う」、「予防が難しい」など
4. 二次虫歯の予防方法 :セラミックの詰め物が効果的。隙間が生じにくく、プラークも付着しにくい

これら4つのことから、二次虫歯と詰め物について分かります。
二次虫歯になってしまうと、使用していた詰め物はもう使えなくなります。
二次虫歯になった以上、詰め物の劣化が考えられますし、治療後はもっと範囲の広い詰め物が必要だからです。

ここで1つ補足しておくと、仮に二次虫歯にならなかったとしても同じ詰め物を一生使用することはできません。
と言うのも、詰め物は人工物なので必ず寿命があるからです。
寿命がきて劣化してしまえば、それこそ今回のテーマのような二次虫歯を招いてしまいます。