セラミックの種類ごとにそれぞれの長所や短所を分かりやすく教えてください

杉並区西永福の歯医者さん、西永福歯科です。
今回のテーマは「セラミックの種類ごとの長所と短所」です。
セラミックにはいくつかの種類があり、それぞれ特徴が異なります。

もちろんどのセラミックもセラミックならではの長所と短所がありますが、
さらに言えばセラミックの種類ごとにも独自の長所と短所があるのです。
そこで、ここではセラミックの種類ごとで長所と短所を分かりやすくまとめます。

セラミック自体の長所と短所

セラミックの主な長所は4つで、1つ目は「見た目の美しさ」…つまり審美性の高さです。
2つ目は「二次虫歯の予防のしやすさ」、3つ目は金属アレルギーとは無関係の「身体への優しさ」です。
また4つ目は、セラミックは銀歯に比べて長持ちするため「寿命の長さ」も長所です。

一方短所ですが、セラミックの最大の短所は「費用の高さ」で、これは健康保険が適用されないからです。
また短所というほどではないですが、銀歯と比較するとセラミックは硬さの点で劣るため、
あまり強い力で噛んでしまうと「欠けたり割れたりする」という短所があります。

オールセラミック

オールセラミックは100%セラミックであることが長所にも短所にもなっています。
長所となるのは美しさで、100%セラミックであることからセラミックの中で最も美しく、
さらに使用する上で変色するような劣化もありません。

一方短所ですが、セラミックの中で最も美しいだけあって費用が高いのが短所です。
そもそもセラミック自体費用が高いのですが、その中でもオールセラミックは高額になっています。
最も、それに見合う機能性と審美性があることも事実です。

ハイブリッドセラミック

ハイブリッドセラミックはセラミックとレジンが混ぜ合わさったタイプです。
レジンが混ざっていることで柔軟性があり、100%セラミックでない分費用が安めなのが長所です。
美しさはオールセラミックに劣るものの、費用が安いのでお手軽なセラミックとされています。

次に短所ですが、ハイブリッドセラミックはセラミックとは言えレジンが混ざっています。
このため、長年使用しているとレジンの影響で若干の変色が起こることがあります。
セラミックは変色しないと言われていますが、ハイブリッドセラミックの場合はそう言い切ることはできません。

メタルボンド

メタルボンドは見えない箇所に金属を使用したタイプのセラミックです。
金属を使用していることで他のセラミックよりも硬さに長けているのが長所です。
もちろん見える箇所はセラミックで仕上げているため、セラミックならではの見た目の美しさもあります。

短所としては、金属を使用していることで金属アレルギーが起こる可能性があることです。
金属アレルギーを持つ方の中には、それが起こらないことを理由にセラミックにする方がいますが、
メタルボンドの場合は金属を使用しているため、金属アレルギーの対象になってしまいます。

ジルコニアセラミック

ジルコニアセラミックはセラミックの中で最も硬く、ジルコニア自体ダイヤモンドの代わりに使われるほどです。
100%セラミックであるため見た目も美しく、オールセラミック同様に目立った劣化も起こりません。
硬すぎると言われるほど硬くできているため、欠けや割れを防げるのが最大の長所です。

一方短所は、オールセラミック同様に費用が高いこと、さらに新しいタイプのセラミックであるため、
ジルコニアセラミックを取り扱っている歯科医院が少なめなことです。
また細かい短所を挙げれば、オールセラミックの美しさと比較すると光沢の点で劣ります。

いかがでしたか?
最後に、セラミックの種類ごとの長所と短所についてまとめます。

セラミック自体の長所と短所

・長所 :審美性が高い、二次虫歯になりにくい、身体に優しい、長持ちする
・短所 :費用が高い、硬さにおいて金属である銀歯に劣る

 オールセラミック

・長所 :セラミックの中で最も美しく、使用することによる変色も起こらない
・短所 :セラミックの中でも費用が高めになっている

ハイブリッドセラミック

・長所 :レジンが混ざっていることで費用が安く、セラミックの中でもお手軽さがある
・短所 :レジンが混ざっていることで変色することがある

メタルボンド

・長所 :金属を使用しているため、他のセラミックに比べて耐久性が高い
・短所 :金属を使用しているため、金属アレルギーの対象になる

ジルコニアセラミック

・長所 :非常に硬く、セラミックの短所である欠けや割れの可能性を防げる
・短所 :セラミックの中でも費用が高く、取り扱っていない歯科医院もある

これら5つのことから、セラミックの種類ごとの長所と短所が分かります。
どのセラミックがおすすめかは、セラミックに何を求めるかで決まります。
審美性や機能性を求めるか?費用を求めるか?
重視すべき部分を歯科医に伝え、その上で希望が叶うセラミックを選びましょう。