セラミックなのに金属アレルギーになった人がいますが、どういうことでしょうか?

杉並区西永福の歯医者さん、西永福歯科です。
今回のテーマは「セラミックなのに金属アレルギーが起こる理由」です。
セラミックの材質は陶器ですから、銀歯のような金属は使用されていません。

それにもかかわらず金属アレルギーになってしまった方は、一体何が原因なのでしょうか。
この理由を知るためのポイントは、セラミックにはいくつかの種類があるということと、
全ての種類のセラミックが金属を使用していないわけではないということです。

金属を使用しているセラミック

セラミックの種類の中には「メタルボンド」というものがあり、これは少々特殊なタイプです。
人から見える…つまり表側はセラミックで仕上げてあるものの、見えない裏側は金属になっているのです。
これは、セラミックの欠点として挙げられる「欠け」や「割れ」を防ぐためのもので、
一部金属を使用することで硬さを高めているのです。

問題なのは、金属を使用している以上金属アレルギーの対象になってしまうことです。
これが今回のテーマの回答です。セラミックでも金属アレルギーになってしまったという方は、
セラミックにする時にメタルボンドを選択してしまったからなのです。

セラミックの種類

メタルボンドのように金属を使用している金属もありますし、
セラミックは種類によって様々な特徴を持っています。
そこで、セラミックの種類とそれぞれの特徴についてまとめてみます。

オールセラミック

オールという名が示すとおり、100%セラミックで仕上げられたタイプです。
このためセラミックの中で最も美しく、最も長持ちすると言われています。
ちなみに、セラミックについての説明はこのオールセラミックが基準になっていることが多いですね。
全てのセラミックの中で最上位に位置するオールセラミックですが、その分費用が高いのが欠点です。

ハイブリッドセラミック

一言で表現するならお手軽なセラミックで、これもハイブリッドという名が示すとおり、
セラミックと別の材質…正確にはレジンが混ぜ合わされたタイプです。
レジンが混ざっていることで柔軟性がありますが、オールセラミックに比べて美しさでは劣ります。
ただしその分費用が安めになっており、その意味でセラミックの中でも最もお手軽なタイプです。

ジルコニアセラミック

ジルコニアセラミックもオールセラミック同様、100%セラミックを使用したタイプです。
オールセラミックとの違いは硬さで、ジルコニアはダイヤモンドの代わりに用いられるほど硬いのです。
このため、セラミックに起こることがある「割れ」や「欠け」を防止しやすいのがメリットです。
また充分な審美性は誇るものの、光沢の差でオールセラミックよりも美しさでは若干劣ります。

メタルボンド

金属アレルギーの説明のところでも触れましたが、
見える表側がセラミックで見えない裏側が金属で仕上げられている特殊なタイプです。
上記で説明したとおり、セラミックでありながら金属アレルギーの対象になってしまうのが欠点です。
メタルボンドの長所は耐久性で、金属を使用している分、「割れ」や「欠け」は起こりにくいのです。

…セラミックにはこれらの種類がありますが、それぞれ特徴が異なるため自分に合ったものを選びましょう。
ちなみに今回のテーマのように金属アレルギーを持っている方なら、メタルボンドを選んではいけません。

二次虫歯の予防効果

セラミックは100%セラミックのタイプなら金属アレルギーにならないですし、
他にもセラミックは銀歯に比べて自分の歯を守る効果があるのです。
と言うのは、セラミックには二次虫歯になりにくいメリットがあるからです。
銀歯は使用するにつれて劣化が起こり、やがて接着が剥がれて歯との間に隙間が生まれます。

そうなると細菌がそこから侵入し、虫歯の再発…つまり二次虫歯が起こってしまうのです。
その点セラミックはこのような劣化は起こらないですし、
なおかつプラークも付着しにくいため二次虫歯を予防しやすいのです。
つまりセラミックは金属アレルギーだけでなく、虫歯の再発からも守ってくれるのです。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、セラミックなのに金属アレルギーが起こる理由についてまとめます。

1. 金属を使用しているセラミック :メタルボンドというタイプのセラミックは一部金属を使用している
2. セラミックの種類 :オールセラミック、ハイブリッドセラミック、ジルコニアセラミック、メタルボンドがある

3. 二次虫歯の予防効果 :セラミックは金属アレルギーだけでなく、二次虫歯からも守ってくれる

これら3つのことから、セラミックなのに金属アレルギーが起こる理由が分かります。
まとめると、金属アレルギーが起こった理由はセラミックの中でもメタルボンドを選択したからです。
同じセラミックでも種類によって材質や特徴が異なるため、その点においては注意が必要です。
それぞれの特徴を知り、歯科医に相談した上で自分に合ったセラミックを選びましょう。