メタルボンドは金属を使用していると聞きましたが、銀歯よりも美しいのでしょうか?

杉並区西永福の歯医者さん、西永福歯科です。
今回のテーマは「メタルボンドの特徴」です。
セラミックにはいくつか種類があり、その中の1つにメタルボンドがあります。

メタルボンドは名前から連想できるとおり一部金属を使用していますが、
金属の被せ物と言えば銀歯があります。
さて、同じ金属を使用していてもメタルボンドはセラミックである以上、銀歯より審美性が高いのでしょうか。

メタルボンドとは

セラミックでありながら金属を使用している…そんなメタルボンドをイメージしづらい人も多いと思います。
そこでメタルボンドについて説明すると、メタルボンドとは金属のフレームにセラミックを焼き付けたもので、
分かりやすく言えば「見える外側がセラミック、見えない内側が金属」という仕様です。

金属を使用している理由は耐久性を高めるためで、
これは陶器であるセラミックの割れや欠けのリスクを減少させる効果があります。
この特徴から、メタルボンドは噛む力が強い奥歯の被せ物に向いています。

メタルボンドのメリットとデメリット

メタルボンドのメリットとデメリットは次のようになっています。

・メリット
最大のメリットは、上記でもお伝えした「耐久性の高さ」です。
他にも「審美性が高い」、「二次虫歯を予防しやすい」などのメリットがありますが、
これら2つは全てのセラミックに共通するメリットであり、メタルボンドならではのメリットではありません。

・デメリット
デメリットは金属を使用しているため、セラミックでありながら金属アレルギーの対象になることです。
また、年数経過の劣化によって焼き付けたセラミックが剥がれることがあり、
その場合は金属が露出して審美性が低下してしまいます。また、歯の裏側は金属の面積が大きくなります。

メタルボンドと銀歯との比較

さて、今回のタイトルでもあるメタルボンドと銀歯との比較ですが、
同じ金属を使用していても審美性の高さはメタルボンドの方が遥かに上です。
銀歯は知ってのとおり、目立つ金属が覆われることなく剥き出しになっています。

一方、メタルボンドはフレームが金属でも表面をセラミックで焼き付けてあるため、
見た目は他のセラミック同様美しくなっています。劣化してセラミックが剥がれるなどの問題はありますが、
それでも銀歯とは比較にならない審美性の高さを誇ります。

中には「メタルボンドは審美性が低いと聞いた」という人もいるかもしれません。
それはおそらく、セラミックの種類で比較した場合の話ではないでしょうか。
確かに、メタルボンドは他のオールセラミックやジルコニアセラミックに比べて元の審美性は劣ります。

メタルボンド以外の選択肢

「奥歯をセラミックにするので耐久性の高いメタルボンドにしたい」という人がいたとして、
その人が金属アレルギーだった場合、他にどのような選択肢があるのでしょうか。
この場合、おすすめなのはジルコニアセラミックです。

今回はメタルボンドを中心した説明をしていますが、
メタルボンド同様に耐久性の高さを特徴にしたセラミックとしてジルコニアセラミックがあります。
ジルコニアセラミックは人工ダイヤモンドを使用しているので高い耐久性を持っています。

また、ジルコニアセラミックはメタルボンドのように金属を使用していないため、
金属アレルギーの対象になりません。さらにメタルボンドよりも審美性が高いため、
メタルボンドに近いというよりもメタルボンドの上位タイプとして位置づけられています。

<ジルコニアセラミックのデメリット>
ジルコニアセラミックはメタルボンドよりも美しく、金属も使用していません。
その点から、「メタルボンドにする必要性がないのでは?」と感じる人もいるかもしれません。
しかしそうとは限らず、なぜならジルコニアセラミックにもデメリットがあるからです。
デメリットは費用が高いこと、さらにジルコニアセラミックを取り扱っている歯科医院が現状少ないことです。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、メタルボンドの特徴についてまとめます。

1. メタルボンドとは :金属のフレームにセラミックを焼き付けたもので、金属と同じ耐久性の高さが特徴
2. メタルボンドのメリットとデメリット :メリットは耐久性の高さ、デメリットは劣化による金属の露出の可能性
3. メタルボンドと銀歯との比較 :金属を使用しているとは言え、銀歯よりは遥かに審美性が高い
4. メタルボンド以外の選択肢 :耐久性の高さセラミックとして、他にジルコニアセラミックがある

これら4つのことから、メタルボンドの特徴について分かります。
メタルボンドは見た目こそセラミックですが、フレームは金属でできています。
この金属を使用している点がメリットにもデメリットにもなっており、
メリットは金属ならではの高い耐久性を持っていることです。一方デメリットは金属アレルギーの対象であること、そして年数経過による劣化でセラミックが剥がれて金属が露出してしまう可能性があることです。