矯正治療の費用が歯科医院によって異なるのは、技術的な差があるからですか?

杉並区西永福の歯医者さん、西永福歯科です。
今回のテーマは「矯正治療の費用と歯科医の技術について」です。
矯正治療の費用は歯科医院によって異なりますが、これを疑問に感じる方は少なくありません。

同じ治療内容なのになぜ治療費が異なるのか?…仮にその理由が技術的な差であるなら、
多少高くても腕の良い歯科医から治療を受けた方が良い気がします。
そこで、ここでは矯正治療の費用が歯科医院によって異なる理由を説明します。

自由診療の概念

矯正治療は自由診療ですが、自由診療の費用は医療機関ごとで自由に設定できるようになっています。
つまり、自由診療である矯正治療の費用は歯科医院ごとで自由に設定できるのです。
ある程度の相場は決まっているものの、費用を自由に設定できるため歯科医院によって費用が異なります。

また、こうした費用の違いは単に設定の問題だけでなく、治療方法も関係してきます。
矯正治療の方法は様々であり、採用する方法によって費用が異なります。
これは、方法によって使用する医療器具や治療期間が違うためです。

<矯正治療の相場は?>
自由に費用が設定できることから、極端に安かったり高かったりする歯科医院もあるかもしれません。
しかし安すぎるのは治療の質に不安を感じますし、高すぎるのは患者さんの負担が増してしまいます。
そこで相場を知ることが大切ですが、矯正治療の相場は一般的に70万円~100万円ほどになります。

支払いのシステムの違いによる費用の差

矯正治療の費用の支払いのシステムには2つのパターンがあります。
1つは一括で全額を支払う定額制、もう1つは通院のたびに費用を支払う処置別払い制です。
この2つの支払いのシステムは、単に支払い方が異なるだけでなく費用の差を生む原因になっています。

・定額制
総額制とも呼ばれており、治療前に全ての費用を支払います。
ちなみに、検診やメンテナンスの費用の含まれているため、矯正の治療費を全額支払うことになります。
矯正治療では治療計画を立てますが、必ずしも計画どおりにいかないケースがあります。

ただし定額制の場合はあらかじめ全額支払っているため、例え治療が長引いても追加の費用は掛かりません。
つまり、治療が長引いた場合は費用が安くなるシステムであり、
一方で治療が短期間で終わっても減額されないため、その場合は費用が高くなってしまいます。

・処置別払い制
処置別払い制は通院するたびに費用を支払います。虫歯治療などの場合は通院のたびに費用を支払うため、
一般的な診察や治療で費用を支払う時と同じシステムだと捉えれば良いでしょう。
処置別払い制は定額制と全く逆で、治療期間が短い場合は費用が安くなります。

一方で、治療が長引いた場合はその都度費用を支払う必要があるため、
治療期間が長くなるほど処置別払い制だと費用が高くなります。
処置別払い制はトータルの費用が分かりづらいため、治療前には必ず歯科医にその点を確認してください。

…2つの歯科医院がそれぞれ定額制と処置別払い制だった場合、
全く同じ治療方法だとしても定額制と処置別払い制の違いによって治療費が異なります。
予想外に治療が長引いた場合は、定額制を採用している歯科医院の方が費用は安くなり、
予想外に治療が短期間で終わった場合は、処置別払い制を採用している歯科医院の方が費用は安くなります。

歯科医の技術の差

技術に自信があるため費用を高く設定している歯科医院があるかどうか…それは分かりません。
しかし、矯正治療では歯科医ごとで技術に差があるのは事実であり、
それは単に医療設備の差ではなく、歯科医の腕そのもの…つまりレベルに差があります。

そして、レベルの高い歯科医を見分ける基準として最も参考になるのが専門医の資格です。
矯正治療の進歩を目的として設立された日本矯正歯科学会では、専門医の資格制度を設けています。
この資格を取得するには厳しい基準を満たす必要があります。

つまり、日本矯正歯科学会の専門医の資格を所持する歯科医であれば、
矯正治療において高い技術を持っていると判断できるでしょう。
ちなみに専門医の資格を持つ歯科医が在籍する歯科医院は、日本矯正歯科学会のWEBサイトで確認できます。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、矯正治療の費用と歯科医の技術についてまとめます。

1. 自由診療の概念 :費用を自由に設定できるため、歯科医院ごとで費用が異なる
2. 支払いのシステムの違いによる費用の差 :例えば総額制は治療期間が長引くと費用が安くなる
3. 歯科医の技術の差 :「費用の差=技術の差」とは限らないが、歯科医ごとで技術の差があるのは事実

これら3つのことから、矯正治療の費用と歯科医の技術について分かります。
矯正治療は歯科医院ごとで費用が異なりますが、
これは、そもそも自由診療は自由に費用を設定できるようになっているからです。

また、支払いのシステムによって治療費に差が出ることもあり、
例えば総額制だと治療期間が長くなった場合には費用が安くなります。
技術の差が費用の差を生むわけではないですが、歯科医ごとで技術に差があることも事実です。