ホームホワイトニングなら歯科医院に行かなくても良いですか?

杉並区西永福の歯医者さん、西永福歯科です。今回のテーマは「ホームホワイトニングについて」です。ホワイトニングには種類があり、それぞれのホワイトニングによって特徴が異なります。

さて、ホームホワイトニングはそんなホワイトニングの種類の1つであり、「ホーム」の文字どおり自宅でホワイトニングできるメリットがあります。では、自宅でホワイトニングするという点で通院は一切必要ないのでしょうか。

ホームホワイトニングと通院

結論から言うと、ホームホワイトニングでも通院は必要です。ただし通院回数は少なく、他の種類のホワイトニングに比べて少ない通院ですむのは事実です。ちなみに、ホワイトニングの種類は次の3つです。

・ホームホワイトニング
・オフィスホワイトニング
・デュアルホワイトニング

オフィスホワイトニングは歯科医院で行う方法ですし、デュアルホワイトニングはホームホワイトニングとオフィスホワイトニングの併用です。ですから、通院ゼロですむホワイトニングの方法は存在しないことになります。

そうなると通院において比較すべき点は通院回数ですが、これが最も少ないのがホームホワイトニングです。このため、頻繁な通院ができないのであればホームホワイトニングはおすすめですが、それでも通院は必要で、一般的には1回~2回の通院をしなければなりません。

ホームホワイトニングの通院の目的

そもそも自宅で行うはずのホームホワイトニングにおいて、なぜ通院が必要なのでしょうか。そこで、ホームホワイトニングにおける通院の目的を挙げてみます。

マウスピースや薬剤の受け取り

ホームホワイトニングは治療の中で専用のマウスピースと薬剤を使用します。これらは歯科医院で受け取ることになるため、そのための通院が必要です。

異常を感じた時

いくら自宅でホワイトニングできると言っても、治療において異常を感じたら無視してはいけません。その時は歯科医院に行き、歯科医にその旨を伝えて相談しなければなりません。

…ホームホワイトニングでは、こうした場合において通院が必要です。少なくともマウスピースや薬剤がなければ治療自体不可能なため、最低1回の通院は必要ということです。

オフィスホワイトニングとの違い

ホームホワイトニングはオフィスホワイトニングとよく比較されますが、その違いは通院の回数だけではありません。次の点においても違いがあります。

効果が出るまでの早さ

効果が出るまで…つまり歯が白くなるのはオフィスホワイトニングの方が早く、これはオフィスホワイトニングだと薬剤を使用するのが歯科医のため、高濃度の薬剤を使用できるからです。オフィスホワイトニングの場合は1回の治療で白さを実感できる人も多いですが、ホームホワイトニングだと最低でも3日、ハッキリと効果を実感するのに2週間ほどかかります。

持続性

ホワイトニングの効果は永久ではないですが、白さを長く維持できるのはホームホワイトニングです。ホームホワイトニングは白くなるのに時間がかかりますが、その分薬剤が歯にしっかりと浸透します。このため、一度白くなった歯はなかなか後戻りしないのです。持続性はオフィスホワイトニングだと一般的に3ヶ月ほどですが、ホームホワイトニングだと半年~1年です。

治療方法

使用する薬剤の種類や歯が白くなる構造…つまりホワイトニングの仕組みはどちらも同じです。しかし、具体的な治療方法はそれぞれのホワイトニングで異なります。オフィスホワイトニングは歯科医による治療を受けるだけですが、ホームホワイトニングは自分でマウスピースを装着しなければならず、装着時間も毎日2時間ほど必要です。

費用

オフィスホワイトニングとホームホワイトニングはそれぞれ費用の相場が異なります。安いのはホームホワイトニングで、一般的な相場は15000円~50000円ほどです。一方オフィスホワイトニングの一般的な相場は35000円~70000円ほどになっています。また、ホームホワイトニングで薬剤を追加購入する場合、1回につき3000円ほどかかります。

…ちなみにデュアルホワイトニングはホームホワイトニングとオフィスホワイトニングの併用ですから、オフィスホワイトニングと同じで効果が出るのが早く、さらにホームホワイトニングと同じで持続性も高いです。このため一見万能な方法に思えますが、その分費用が高いというデメリットがあります。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、ホームホワイトニングについてまとめます。

1. ホームホワイトニングと通院 :ホームホワイトニングでも通院はゼロではない
2. ホームホワイトニングの通院の目的 :マウスピースや薬剤の受け取り、異常が起こった際の相談
3. オフィスホワイトニングとの違い :効果が出る早さ、白さの持続性、費用などにおいて違いがある

これら3つのことから、ホームホワイトニングについて分かります。ホームホワイトニングでも治療に必要なマウスピースや薬剤の受け取りが必要なため、通院がゼロというわけではありません。しかし、通院の回数においては少なくてすむのも事実です。

ですから、イメージとしては「ホームホワイトニング=通院回数が少ない」と思っておけば良いでしょう。その点では通院における手間は少ないものの、自分でマウスピースや薬剤を扱う点、マウスピースの装着が1日2時間ほど必要な点などの手間はかかります。