虫歯の放置は絶対にやってはいけません

杉並区西永福の歯医者さん、西永福歯科です。
今回のテーマは「虫歯の放置」です。
虫歯は怖い病気ですが、早く治療さえすれば深刻な事態にはなりません。

しかし、実際には虫歯を重症化させてしまう人は少なくなく、それは虫歯を放置してしまう人がいるからです。
虫歯の放置…それは絶対にやってはいけないことで、虫歯を放置することにはデメリットしかありません。
そこで、虫歯を放置すればどのような事態になってしまうのかを解説します。

虫歯の進行と自然治癒

虫歯は、完全な初期状態…すなわち虫歯になりかけの状態であれば、ケア次第で自然治癒が見込めます。
しかし、一度でも虫歯が進行した場合それは不可能で、治療しない限り治らないのです。
いくら丁寧に歯磨きして、いくら口の中を清潔にしても、進行した虫歯は治りません。

ですから、虫歯を放置すればその虫歯は永久に治らず、どんどん進行してしまいます。
そして、虫歯が進行すればするほど症状は悪化していき、
最終的には思わぬ事態を引き起こしてしまうことを覚えておきましょう。

痛みが増す

虫歯を放置すれば、痛みが増していきます。
最初、虫歯で歯が痛むのは象牙質が刺激を受けたことによる知覚過敏が原因で、
この痛みは温度差を感じた時などに一瞬ピシッと歯がしみるような感覚です。

しかし、さらに虫歯が進行すれば象牙質から神経まで虫歯菌が到達してしまい、
そうすると痛みは激痛へと変化…夜も眠れないほどズキズキと痛みを常に感じるようになります。
つまり、虫歯を放置すれば感じる痛みはより酷く、より辛いものになってしまうのです。

神経を失う

虫歯を放置すれば、その虫歯はやがて神経まで進行していき、そうなると神経は虫歯菌に侵されてしまいます。
その場合、例え治療しても神経は残せないですし、失った神経が再生することはありません。
神経を失うことで、歯は痛みを感じなくなります。

虫歯の痛みに悩まされる人にとって、それは一見歓迎すべき状態のように思えますが、
神経を失った歯は見た目も黒く変色してしまい、栄養も供給されないため脆くなってしまうでしょう。
つまり、虫歯を放置すればいずれ神経を失うことになり、それは大きな問題となるのです。

歯を失う

歯を失う病気を連想した時、真っ先に想像するのは歯周病だと思います。
しかし、虫歯も歯を失う病気の一つであり、放置して重症化すれば確実に歯を失います。
そもそも、虫歯が末期段階まで進行すれば、歯はボロボロに溶かされた状態になっているでしょう。

そして、ボロボロに溶かされた歯は既に歯としての機能を失っており、
例え虫歯を治療しても歯を残せず、抜歯の処置が必要になるケースもあるのです。
だからと言って虫歯を放置すれば、歯はさらに溶かされてしまいます。

命にかかわる病気を招く

過去において、虫歯の放置が原因による死亡例があったのをご存知でしょうか。
虫歯を放置すれば歯が破壊されますが、それでも虫歯菌は依然として生き続け、
今度は血液の中にまで入り込み、血管を通じて全身へとまわってしまいます。

そして、この時虫歯菌が脳へとまわってしまえば脳梗塞、
心臓へとまわってしまえば心筋梗塞を引き起こす要因となるのです。
確かにケースとしては稀ですが、実際にこれらが起こって死亡したケースがあるのも事実です。

治療内容が変わる

虫歯を放置する人に対して、絶対に知っておいてほしい内容です。
そもそも虫歯をなぜ放置するのか?…その理由として、歯科治療を受けたくないと答える人がいます。
確かに、患者さんの立場になって考えれば、虫歯治療を怖く感じる気持ちは理解できます。

しかし虫歯を放置すれば、虫歯治療の内容はさらに大きなものへと変わります。
例えば根管治療…これは根管内の清掃や消毒を行う治療ですが、
これは軽度の虫歯なら行う必要のない治療であり、虫歯が神経まで進行した場合に必要な治療です。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、虫歯の放置についてまとめます。

1.虫歯の進行と自然治癒:進行した虫歯は自然には治らない。自然治癒が見込めるのは初期の虫歯のみ
2.痛みが増す:虫歯を放置すればやがて神経まで進行。そうすると痛みは激痛へと変化する
3.神経を失う:虫歯を放置すればやがて神経まで進行。そうすると神経を失って二度と再生しない
4.歯を失う:虫歯は放置すればやがて重症化。そうすると歯はボロボロに溶かされて機能を失う
5.命にかかわる病気を招く:虫歯を放置すればやがて虫歯菌が血液に入り込み、脳梗塞などの要因となる
6.治療内容が変わる:虫歯を放置すれば症状は悪化。治療内容もそれに合わせたものへと変化する

これら6つのことから、虫歯の放置について分かります。
この内容から分かるとおり、虫歯の放置には一切のメリットがありません。
あるのはデメリットのみであり、しかも放置する期間が長いほどそのデメリットはより深刻になっていきます。
もちろん予防することが大切ですが、初期の虫歯なら治療すれば深刻な事態には至らず、
そのため虫歯になった時には早期治療を心掛けなければなりません。