インプラントに興味があります。どのような治療方法なのでしょうか?

杉並区西永福の歯医者さん、西永福歯科です。
今回のテーマは「インプラント治療の説明」です。
歯を失った場合、対処方法となるのは入れ歯、ブリッジ、インプラントの三択になります。

このうち、人工の歯としても最も優れているとされるのがインプラントですが、
ただ手軽に治療ではないため、いくら優れた治療でも簡単にはおすすめできません。
そこで、ここではインプラントがどのような治療方法なのかについて説明していきます。

インプラントとは

インプラントとは、失った歯への対処として人工の歯を装着する治療です。
最も、この表現だと入れ歯と同様の治療に思えるかもしれませんし、
確かに「失った歯への対処」という目的の部分は同じです。

しかし、インプラントは入れ歯と構造が全く異なっており、
人工の歯だけでなく人工の歯の根を再現し、安定性と審美性に長けた特徴があります。
入れ歯のように外れてしまうこともなく、咬合力においても天然の歯に近い数値となっています。

治療方法

治療方法の流れを簡単にまとめると、まず手術をして顎の骨に穴をあけ、
そこに人工の歯の根…すなわちインプラント体を埋め込みます。
次に、人工の歯となる上部構造を装着しますが、インプラント体と上部構造の直接の装着はできません。

そこで、これらをつなぐジョイント役としてアバットメントを装着、
その上でアバットメントに上部構造を装着して治療完了です。流れとしてはこのとおりですが、
実際には手術を行うため、定着期間を含めると長期間の治療となります。

 

インプラントの費用

インプラントは健康目的の治療であるものの、審美性・機能性ともに優れているため、
健康目的が適用されず自由診療となります。そのため費用は高く、
1本あたりの費用はおよそ30万円~45万円ほどになるでしょう。

最も、30万円と45万円では大きな開きがありますが、これは自由診療であることが理由になっており、
自由診療の費用は歯科医院ごとで自由に設定できるため、一律の金額ではないのです。
ですからあくまでこれは相場であり、実際にはもう少し安い、もう少し高い歯科医院もあるでしょう。

インプラントにするメリット

インプラントにするメリットは、人工の歯でありながら天然の歯に近い感覚を得られることです。
入れ歯の場合、処置方法としては装着であり、そのため噛み方によっては外れてしまいます。
また、咬合力が天然の歯に比べて1/3ほどになるため、あまりかたいものは食べられないでしょう。

その点、インプラントなら人工の歯であることが理由による食事制限もなく、
歯の根が埋め込まれているため安定していて外れることもありません。
当然審美性も高く、パッと見ただけでは周囲も人工の歯だと気づかないくらいです。

 

インプラントにするデメリット

インプラントにするデメリットは、治療における負担が大きいことです。
1つ目に費用の高さで、上記でも説明したとおりインプラントの費用は1本につき30万円~45万円が相場です。
2つ目に治療期間の長さで、トータルで10ヶ月近くかかるケースも稀ではありません。

そして3つ目に身体への負担で、インプラントは治療の過程で手術を行いますし、
治療方法によっては2度の手術を行うことになるのです。
このため、体力面や精神面で不安のある人にはおすすめできない治療でしょう。

 

インプラントの専門医

インプラントほど大きな治療となると、治療を受ける歯科医院選びも大切にしなければなりません。
手術を必要とする以上、インプラントはリスクを伴います。
このため、実績や経験の豊富なレベルの高い医師から治療を受けるべきでしょう。

そこで参考になるのが、日本口腔インプラント学会の専門医の資格であり、
日本口腔インプラント学会のWEBサイトでは、専門医の在籍する医師を都道府県別に探せます。
リスクを伴う治療である以上、費用や通院の距離だけでなく医師の腕も参考にするべきです。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、インプラント治療の説明についてまとめます。

1.インプラントとは:失った歯への対処として人工の歯を装着する治療であり、人工の歯の根も埋め込む
2.治療方法:顎の骨にインプラント体を埋め込み、アバットメントを装着してそこに上部構造を装着する
3.インプラントの費用:自由診療のため費用は歯科医院によって異なり、相場は1本30万円~45万円
4.インプラントにするメリット:安定性が高く、審美性も機能性も天然の歯に近い
5.インプラントにするデメリット:費用、治療期間、治療内容において負担が大きい
6.インプラントの専門医:日本口腔インプラント学会の専門医は、インプラントの実績と経験に長けている

これら6つのことから、インプラント治療の説明について分かります。
人工の歯を必要とした時、あなたは何を求めるでしょうか。
治療の手軽さ、費用…確かにこれらを最優先に要望する考えもあるでしょう。
しかし、天然の歯に近い感覚と生活を求めるのであれば、その要望に最も近いのがインプラントです。