虫歯がありますが、治療が嫌なので放置しています


杉並区西永福の歯医者さん、西永福歯科です。
今回のテーマは「虫歯を放置することで起こる問題」です。
虫歯を自覚しつつも、放置してしまう人がいます。

しかしそれは問題で、虫歯は風邪のように自然に治るものではなく、
一度進行した虫歯はどんなに歯を磨いても治ることはありません。
そして、虫歯を治さず放置することで深刻な問題が起こります。

虫歯の痛みがさらに増す

虫歯の痛みは辛く、冷たいものを飲食すると歯がしみてしまいます。
この痛みは知覚過敏と呼ばれる症状で、虫歯が象牙質まで進行することで起こります。
仮にこの状態で虫歯を放置した場合、痛みはより辛いものになってしまうでしょう。

なぜなら、象牙質まで進行した虫歯はやがて神経まで進行するからで、
神経が炎症を起こすことで夜も眠れないほどズキズキとした痛みを常に感じてしまいます。
ここまでの激痛になると、痛み止めを飲んでも完全な解消は不可能です。

神経を失う

虫歯が神経、もしくはその付近まで進行した場合、治療しても神経の除去が必要になります。
この場合神経は再生しないため、完全に神経を失ってしまうことになるのです。
そして、神経を失うことで次の問題を避けられなくなってしまいます。

歯が脆くなる

神経を失った歯は栄養が供給されなくなり、黒く変色して脆くなってしまいます。
そうなると歯は細菌に感染しやすく、また割れやすくなってしまうでしょう。

虫歯の進行が早くなる

虫歯になると身体の防御機能が働き、神経が虫歯の進行路を塞ぎます。
しかし、神経を失えばそれができなくなり、虫歯の進行が早まってしまいます。

痛みを感じなくなる

痛みを感じないのはプラスに思うかもしれませんが、実は大きなマイナスです。
痛みを感じなければ虫歯を自覚できなくなり、重症化するまで気づかなくなってしまうでしょう。

歯を失う

虫歯を放置すれば最終的に歯を失います。
「歯を失う=歯周病」のイメージがありますが、歯を失う要因は歯周病だけではありません。
虫歯になると歯が溶かされていき、治療しない限りどんどん歯は溶かされてしまいます。

そのため、重症化した状態では歯は原形を失うほどボロボロに溶かされているでしょう。
そうなると歯は歯としての機能を果たせず、治療しても残すことはできません。
だからといって放置すれば、歯は完全に溶かされてしまいます。

脳梗塞・心筋梗塞の要因になる

ケースとしては非常に稀ですが、虫歯の放置によって脳梗塞・心筋梗塞が起こることがあります。
虫歯の原因菌は歯を破壊しても生き続け、やがては血液に入り込み、血管を通じて全身にまわってしまいます。
この時、虫歯の原因菌が脳にまわれば脳梗塞、心臓にまわれば心筋梗塞が起こる危険性があるのです。

事実、このような事態が発生して死に至った例も世界で報告されており、
虫歯の放置は命にかかわる病気を引き起こす要因にもなります。
これが虫歯の本当の怖さであり、虫歯の放置が全身の健康に害をもたらすことを知っておかなければなりません。

進行度によって異なる虫歯の治療方法

虫歯を放置する人の中には、治療の怖さを理由に放置する人もいます。
確かに、歯を削るのは怖さを感じるかもしれませんが、虫歯の治療方法は虫歯の進行度によって異なります。
例えば、完全に初期の虫歯なら削らずに治せることもあるのです。

歯を削る場合も、あまり進行していなければ削る範囲は浅くてすみますし、
一方で酷くした場合は神経の除去を含めた根管治療や抜歯が必要になってきます。
虫歯の治療が怖いのであれば、むしろ早く治療した方が簡単な治療で治せます。

無痛治療の紹介

虫歯の治療が怖いと感じる人は、無痛治療を掲げている歯科医院で治療を受けるのもおすすめです。
もちろん、無痛といっても全く痛みを感じないわけではないですが、
従来の虫歯治療と比べて感じる痛みは遥かに小さくなります。

その方法は歯科医院によって様々なので、無痛の方法を一概に断言することはできませんが、
一般的には「無痛麻酔」・「笑気ガス」を用いた歯科医院が多いでしょう。
もちろん、最も大切なのは虫歯を予防することです。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、虫歯を放置することで起こる問題についてまとめます。

1. 虫歯の痛みがさらに増す :神経まで虫歯が進行すれば、常にズキズキとした激痛を感じる
2. 神経を失う :神経まで虫歯が進行すれば除去が必要になり、失った神経は二度と再生しない
3. 歯を失う :虫歯が重症化すれば、歯は機能できないほどボロボロに溶かされている
4. 脳梗塞・心筋梗塞の要因になる :虫歯の原因菌が血管を通じて脳・心臓にまわることが原因
5. 進行度によって異なる虫歯の治療方法 :進行するほど、虫歯の治療方法は大きなものになる
6. 無痛治療の紹介 :虫歯の治療が怖いなら、無痛治療を導入している歯科医院もある

これら6つのことから、虫歯を放置することで起こる問題について分かります。
虫歯を放置すれば痛みが増し、神経を失い、やがては歯も失います。
さらに、脳梗塞・心筋梗塞の要因になる危険性もあり、虫歯を放置することに一切のメリットはありません。
虫歯を自覚した場合は、すみやかに歯科医院に行って治療を受けてください。