予防するための治療があるのですか?

杉並区西永福の歯医者さん、西永福歯科です。
今回のテーマは「予防歯科の説明」です。
「治療」と聞くと、起こった症状を治すために行うイメージがあります。

しかし、歯科においては症状を予防するために治療を行うケースもあり、それが予防歯科の治療内容です。
とはいえ、予防するために通院してお金を支払うことに抵抗を感じる人も少なくなく、
そこでここでは予防歯科がどのような治療を行っているのかについて解説していきます。

予防歯科の目的

予防歯科の目的は、虫歯を予防することです。
もっとも、虫歯の予防は歯磨きという方法で誰もが行っていると思いますが、
実際には歯磨きだけで虫歯を予防することは難しいのです。

例えば、ブラッシングだけで歯磨きをしている人の場合、歯磨きによるプラークの除去率はおよそ6割程度であり、
4割もの磨き残しがあることになります。また、デンタルフロスを使えばプラークの除去率は8割程度になりますが、
それでも2割の磨き残しがあることなり、磨き残しが存在する以上、虫歯になってしまう可能性はあるのです。

つまり、歯磨きだけでは虫歯の予防として不充分であり、さらに予防効果を高められるのが予防歯科の治療です。
では、予防歯科ではどのような予防治療を行っているのでしょうか。
そこで、予防歯科で受けられる治療を以下で紹介していきます。

PMTC

PMTCとは歯のクリーニングで、歯の表面・歯間の汚れを全て除去してプラークだけでなく歯石も除去できます。
歯磨きでは除去しきれないプラークまで除去できますし、PMTCによって歯がツルツルになるため、
プラークも付着しにくくなり、口臭も予防できて歯を清潔に保ちやすくなります。

また、歯に付着した着色も落とせるため、コーヒーやワインで歯が変色している人は、
歯の審美性を取り戻す効果もあるでしょう。歯がツルツルに感覚は大変心地良いため、
PMTCを希望するために定期的に予防歯科を受診する人も少なくありません。

歯磨き指導

歯磨きにおいて大切なのは精度であり、1日何度歯を磨いたとしても、
そこに精度がなければ充分な虫歯予防の効果は得られません。
歯磨きというのはただ磨けばいいわけではなく、正しい磨き方というのがあるのです。

そこで、予防歯科では歯磨き指導を行っており、患者さんに対して正しい歯の磨き方を教えます。
これはブラッシング指導ともいわれるもので、例えばスウェーデン型プラークコントロールなど、
予防歯科によっては独自の歯磨き指導を行っているところもあります。

フッ素塗布

フッ素は虫歯予防に効果的で、現在では多くの歯磨き粉に配合されています。
歯科医院で塗布するフッ素は歯磨き粉に配合されているものよりも強力で、
虫歯の原因菌の出す酸に溶かされにくい、丈夫な歯を作ることができるのです。

塗布の方法は歯科医院によってさまざまであり、歯に直接塗布する歯科医院もありますし、
電流を使用してより多くのフッ素を吸収させられる方法を導入している歯科医院もあります。
また、小児歯科でも子供の検診時にフッ素塗布を行っており、虫歯予防において大変効果です。

生活習慣改善のアドバイス

毎日の日常生活の中には、虫歯になるリスクを高める要因がいくつも存在しています。
例えば、間食が多い・ダラダラ食いをする・よく噛まないなどは歯の脱灰を促してしまいますし、
糖の摂取が多ければそれだけで虫歯になるリスクを高めてしまうでしょう。

また、唾液の分泌が充分でなければ細菌が停滞し、これもまた虫歯のリスクを高める要因になってしまうのです。
このように、生活習慣の中に潜む虫歯になるリスクを高める要因を医師がヒアリングによって見つけ出し、
改善して虫歯を予防しやすくするための具体的なアドバイスをもらえます。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、予防歯科の説明についてまとめます。

1. 予防歯科の目的 :虫歯の症状を治すためではなく、虫歯を予防するための治療を行う
2. PMTC :歯のクリーニング。プラークや歯石を除去した上、歯の表面がツルツルになるほど綺麗にする
3. 歯磨きの指導 :正しい歯の磨き方の指導。指導方法は歯科医院によって異なる。
4. フッ素塗布 :虫歯の原因菌の出す酸に溶かされにくい丈夫な歯を作る。塗布の方法は歯科医院によって異なる
5. 生活習慣改善のアドバイス :日常の中に潜む虫歯になるリスクを高める要因を見つけ出し、改善する

これら5つのことから、予防歯科の説明について分かります。
予防歯科を受診すれば、虫歯に限らず歯周病も予防しやすくなり、歯の健康を守りやすくなるでしょう。
また、歯科治療に対して嫌う人は多いですが、予防歯科の治療においては身体への負担は少なく、
治療において痛い、辛いと感じることもないため、気軽に受診しても問題ありません。

大切な歯を守るためには、毎日の歯磨きだけでは予防として不充分であり、
定期的に予防歯科を受診した方が虫歯は予防しやすくなるでしょう。