虫歯の治療は痛いイメージがあります

杉並区西永福の歯医者さん、西永福歯科です。

今回のテーマは「虫歯治療による痛み」です。

虫歯治療のために歯科医院に行く時、症状よりも治療の痛みが気になる人は少なくありません。

 

実際、治療の痛みを恐れて虫歯を放置してしまう人もいるほどで、

「虫歯治療=痛くて辛い」のイメージが根付いているといっても過言ではないでしょう。

そこで、ここでは虫歯治療に対する痛みについて解説していきます。

虫歯治療の時に感じる3つの痛み

虫歯治療の時には、次の3つの痛みを感じることがあります。

歯を削った時の痛み

象牙質まで虫歯が進行していた場合、刺激に敏感な象牙質を削ることで痛みを感じます。

もっとも、本来麻酔を使用するためあまり痛みを感じることはないのですが、

「麻酔が効く前に歯を削る」「麻酔の量が不充分」などのケースでは痛みを感じます。

麻酔を使った時の痛み

痛みを軽減させる麻酔ですが、麻酔を使うこと自体に痛みを感じることがあります。

痛む理由としては、「歯茎に注射針が刺さる」「麻酔液が圧入される」「麻酔液と体内の温度差」などが挙げられ、

虫歯治療において最も痛みを感じるのは、おそらくこの麻酔による痛みではないでしょうか。

麻酔が切れた後の痛み

治療後、帰宅してから痛みを感じることもあり、これは麻酔が切れたのが原因です。

虫歯が進行していて大きく歯を削った場合、患部は過敏な状態になっているため、

治療後に麻酔が切れると痛みを感じることがあるのです。

 

麻酔の痛みへの対処

近年、「無痛治療」を謳う歯科医院が増えており、このような歯科医院では麻酔の痛みへの対処がなされています。

対処法は歯科医院によって異なりますが、主に次のような取り組みを行っています。

 

対処例1. 表面麻酔の使用

表面麻酔とは、わかりやすくいえば「麻酔に対する麻酔」であり、

ジェル・クリームタイプなどの表面麻酔を塗ることで麻酔の注射針が刺さる痛みを軽減します。

痛みを感じやすい前歯付近への麻酔が必要な時に有効な方法です。

 

対処例2. 細い注射針の使用

麻酔の注射針が太ければ痛みを感じやすいため、極細の注射針を使用して痛みを軽減します。

現状、手動の麻酔による注射針は0.3ミリが最も細く、

電動の麻酔に注射針ならさらに細い0.2ミリタイプを使用することも可能です。

 

対処例3. 電動麻酔の使用

電動麻酔注射器は手動の注射器に比べて大幅に痛みを減らす効果があり、理由として次のことが挙げられます。

 

・手動に比べて細い注射針を使用できる(手動は0.3ミリ・電動は0.2ミリ)

・注射時の力加減を細かくコントロールでき、少しずつ麻酔液を注入できる

 

注射針が細ければそれだけで麻酔の痛みを軽減できますし、

麻酔液の注入を少しずつにすることで麻酔液が歯肉に圧入される際の痛みも軽減可能です。

 

対処例4. 麻酔液の温度調節

通常、麻酔液の温度は保管場所の関係上から人に体温に比べてずいぶん低く、

体温と麻酔液の温度差による刺激が痛みを感じさせる原因になります。

そこで、専用のウォーマーを使って麻酔液の温度を体温程度に調節してから使用します。

 

対処例5. 麻酔に対する事前診断

ただ麻酔を使うのではなく、麻酔に対して正確な事前判断を行います。

 

・麻酔を使用すべきか

・麻酔の量はどの程度が適量か

 

症状とあわせてこのような診断を行うことで、

「麻酔を使用していないから痛む」「麻酔の量が不足して充分効かない」などの事態を防ぎます。

 

最も効果的な痛みへの対処方法

虫歯治療の痛みに対して最も効果的な方法は、少しでも早い段階で虫歯を治療することです。

というのも、いくら無痛治療を謳っている歯科医院でも虫歯の進行度によっては痛みを感じ、

例えば激痛を感じるほど進行した虫歯においては、治療で痛みを感じてしまうこともあります。

 

つまり、虫歯の進行度に比例して治療時の痛みも感じやすくなるのです。

一方、虫歯を早く治療すれば治療時も痛みも小さく、

初期の虫歯に至ってはそもそも歯を削らずに虫歯を治すことも可能でしょう。

 

仮に治療の痛みが理由で虫歯を放置しているから完全に逆効果であり、

治療のタイミングが遅れるほど治療する時に痛みを感じやすいのです。

「病気が悪化するほど大きな治療が必要になる」…これは虫歯においてもいえることです。

 

まとめ

いかがでしたか?

最後に、虫歯治療による痛みについてまとめます。

1. 虫歯治療の時に感じる3つの痛み :歯を削った時の痛み・麻酔を使った時の痛み・麻酔が切れた後の痛み

2. 麻酔の痛みへの対処 :表面麻酔の使用・細い注射針の使用・電動麻酔の使用・麻酔液の温度調節など

3. 最も効果的な痛みへの対処方法 :虫歯を放置せず、少しでも早い段階で治療する

これら3つのことから、虫歯治療による痛みについて分かります。

もちろん、虫歯治療の痛みについては医師の腕や医療設備が関係してきますが、

それ以上に深く関係しているのが虫歯の進行度です。

虫歯が進行すればそれだけ大きな治療が必要になり、大きな治療が必要になるほど痛みも感じやすいのです。

そのため、虫歯を早期治療することが最も効果的な無痛治療の方法です。