インプラントに興味がありますが、痛みが気になります

杉並区西永福の歯医者さん、西永福歯科です。

今回のテーマは「インプラントと痛み」です。

インプラントでは、顎の骨に穴をあけて人工の歯の根を埋め込みます。


これによって、入れ歯に比べて抜群に高い安定性と咬合力を再現していますが、

一方で入れ歯のような手軽さはなく、治療における痛みが気になる人も多いでしょう。

そこで、ここではインプラントによる痛みについて解説していきます。
 

手術時の痛み

インプラントでは治療の過程で手術を行いますが、この時の痛みは抜歯に近いものといわれています。

個人差があるので断言まではできませんが、手術時には麻酔を注射するためそれほど痛みは感じません。

ただし、手術時に麻酔が切れる可能性がありますし、元々注射が苦手な人もいると思うので、

手術に不安を感じる人は治療前に医師に相談すると良いでしょう。
 

麻酔が切れる可能性について

痛みに敏感な人は、麻酔が切れた時の対処として麻酔をよく効かせてほしいと伝えましょう。

例えば、治療前の段階で痛み止めを飲んでおくなどの方法があります。
 

麻酔の痛みへの対処について

麻酔を注射する時の痛みが気になる人は、そのことを医師に伝えることでさまざまな対処を受けられます。

例えば、歯肉に薬品を塗る表面麻酔、注射針を補足する、麻酔薬を温めるなどの方法があります。
 

恐怖への対処について

インプラントの手術では、痛みよりも恐怖や不安を感じる人の方が多いかもしれません。

この場合、気分をリラックスさせるために点滴による鎮静薬の投与などの方法があります。
 

手術後の痛み

手術後は傷が癒えるまで時間がかかるため、その期間の痛みが気になる人も多いでしょう。

まず、手術して3日間くらいは痛みを感じますが、痛み止めが処方されるため対処は可能です。

ただ、人によっては1週間ほど痛むこともあり、個人差が大きい部分もあります。

例えば、インプラントを埋め込んだ本数が多い、抜歯を伴ったなどの場合は長く痛みを感じやすい傾向があります。


また、手術して1週間ほど経過すると抜糸を行うことになります。

抜糸による痛みにも個人差があり、「違和感があっただけ」という人もいれば、

「抜歯の作業中にチクチクして痛い」という人もいます。

抜糸するまでの期間に糸による痛みを感じる場合は、抜糸によって痛みは解消されます。
 

手術後の腫れ

手術後に腫れることがあり、これは手術の範囲が広い人ほど起こる可能性の高い症状です。

もっとも、腫れは時間の経過によっておさまっていき、一般的に1週間も経過すれば緩和されるでしょう。

ただし、手術後の腫れや痛みに関しては自宅で正しく対処することが必要です。

もちろん、医師からの説明があるでしょうが、以下の点に注意するようにしてください。
 

処方された薬は最後まで飲む

手術後に処方される薬は歯科医院によって異なりますし、

治療における手術内容や患者さんの健康状態によって薬の量が変化します。

処方された薬は医師の指定に従って最後まで飲むようにしましょう。

仮に薬を途中で飲むのを止めてしまった場合、充分な除菌効果を得られないなどの可能性があります。
 

口の中は清潔にしておく

これは手術後に限ったことではないですが、

インプラントの手術を行った後は、普段以上に口の中を清潔にするように心がけてください。

また、強いうがいなど口の中に不用意に刺激を与えてしまうと、手術の傷が開いてしまう可能性があります。

このような問題があることから、手術後のケアについては医師に確認しておくと良いでしょう。
 

医師に相談した方が良いケース

インプラントでは治療において痛みを感じることがありますし、治療後も同様です。

しかし、以下のようなケースでは医師に相談した方が良いでしょう。
 

痛みが治まらない

1週間以上経過しても痛みが治まらない、もしくは痛みが増した場合
 

処方された薬を飲んでから体調が悪い

薬がその人の身体に合っていない場合、下痢や湿疹が出るなどの症状が起こることがあります
 

痛み止めが効かないほど痛い

痛み止めが合っていない、もしくは埋め込んだインプラントに問題が起こっている可能性があります


「インプラントで痛むのは仕方ない」と考えず、

気になった時は必ず歯科医院に行って医師に相談してください。
 

まとめ

いかがでしたか?

最後に、インプラントと痛みについてまとめます。


1. 手術時の痛み :痛みの度合いは抜歯程度。麻酔の痛みなどについては相談することで対処可能

2. 手術後の痛み :1週間ほど痛むことがある。手術後の抜歯の処置でも痛むことがあり、個人差が大きい

3. 手術後の腫れ :手術後に腫れることがあり、手術の範囲が広い人ほど腫れやすい傾向がある

4. 医師に相談した方が良いケース :痛みが治まらない、薬を飲んで体調が悪くなった場合など


これら4つのことから、インプラントと痛みについて分かります。

手術を必要とする以上、インプラントではどうしても痛みを感じてしまいます。

もちろん対処方法は充実していますが、あまり気になる人は入れ歯にするのも選択肢の一つでしょう。

もっとも、インプラントの場合は実際の痛みよりも恐怖・不安による気持ちの方が大きいと思います。