予防歯科について教えてください

杉並区西永福の歯医者さん、西永福歯科です。

今回のテーマは「予防歯科の説明」です。

歯科医院は、口の中の病気を治すことだけに対応しているわけではありません。


口の中の病気を予防することにも対応しており、それが予防歯科という診療科目です。

虫歯を予防するための治療を受けることで、自分だけで予防することに比べて格段に予防しやすくなります。

そこで、ここでは自分だけでは虫歯を予防しにくい理由と、予防歯科の治療内容について解説していきます。
 

虫歯を自分だけで予防しにくい理由

虫歯を自分だけで予防できるのであれば、予防歯科を受診するメリットはないでしょう。

しかし、実際には自分だけで予防するのは難しく、だからこそ多くの人が虫歯に悩まされています。

では、なぜ虫歯を自分だけで予防するのは難しいのでしょうか。

歯磨きでは磨き残しが発生する

歯磨きで除去するプラークは目で確認できないため、いくら綺麗に磨いても磨き残しが発生します。

そもそも、歯磨きでは全ての箇所を磨けるわけではなく、例えば歯と歯の隙間を磨くのは難しいでしょう。

そのため、いくら歯磨きしてもプラークは残っており、虫歯が発症する可能性があるのです。

虫歯には食生活が関係している

毎日の食生活はいわばその人の習慣に等しく、自分で意識しなければ変えることはできません。

そして、虫歯においても食生活が関係しており、「虫歯になりやすい食生活をしている人」もいます。

とはいえ、何をどう改善すれば良いのか分からず、そのため自分だけで虫歯を予防するのは難しいのです。

二次虫歯の予防は難しい

虫歯には、虫歯治療した歯に虫歯が再発する二次虫歯というパターンがあります。

二次虫歯は患部が詰め物に覆われており、その詰め物の劣化が原因で起こるケースが多いのですが、

目で見て確認しても劣化は気づくのは難しく、そのため二次虫歯が発症してしまうのです。
 

予防歯科の治療内容

歯磨きの精度・食生活・二次虫歯などの問題から自分だけで予防するのが難しい虫歯ですが、

予防歯科では以下の治療を行っており、これらを受けることで虫歯の予防効果が高まります。

フッ素塗布

フッ素が虫歯予防に効果的なことは、既に多くの人が知っていることでしょう。

予防歯科ではフッ素を塗布して、虫歯の原因菌に溶かされにくい丈夫で強い歯を作ります。

市販の歯磨き粉にもフッ素は含まれていますが、ここで使用するフッ素はより濃度が高いものです。

PMTC

簡単にいえば、プラークを除去するための歯のクリーニングです。

PMTCでは歯磨きでは除去しきれないプラークを綺麗に除去することができます。

その効果は歯に触れるとあきらかで、治療後に歯を触るとツルツルとした感触になります。

ブラッシング指導

正しい歯の磨き方を覚えるための指導です。

歯磨きにとって大切なのは精度であり、高い頻度で磨いても精度がなければ磨き残しが発生します。

そこで、効率良くプラークを除去できるよう、自分の歯並びに合った歯の磨き方を覚えることができます。

唾液の検査

虫歯の発症のしやすさには個人差があり、それを知ることができるのが唾液検査です。

唾液の質・特徴を検査することで、自分がどのくらい虫歯にかかりやすいのかが分かります。

例えば、「唾液の分泌量が少ない人」「唾液がネバついている人」は虫歯が発症しやすいのです。

虫歯や詰め物チェック

予防歯科では、治療を行う前に虫歯や詰め物の状態をチェックします。

そして、ここで虫歯が発見された場合はそのまま虫歯治療に進むことができます。

予防歯科を受診することで、虫歯が発症していた場合も早期発見して治療することができるのです。

生活習慣改善のためのアドバイス

虫歯は食生活を含めた生活習慣が要因となっているため、予防するためには生活習慣の改善が必要です。

とはいえ、虫歯を予防するための生活習慣の改善として、何をどう改善すれば良いのか分かりづらいでしょう。

そこで、予防歯科では患者さんの生活習慣をヒアリングした上で、必要な改善点を分かりやすく説明します。
 

自分でもできる虫歯を予防しやすくなる方法

歯磨き以外でも、虫歯を予防するためにできることはいくつかあります。

そこで、早速今日からでも実践可能な効果的な予防方法を紹介します。
 

  • 定期的に水分を補給する:唾液の分泌が促進されて、細菌が流れやすくなります
  • デンタルフロスを使う:歯と歯の隙間を磨けることで、歯磨きの精度が高くなります
  • 鼻呼吸を意識する:口の中が乾燥しづらくなり、唾液の蒸発を防ぎます

 
例えば、これだけのことでも虫歯予防につながります。

歯磨きは確かに虫歯予防の基本ですが、虫歯を予防するために必要なことは歯磨きだけではないのです。
 

まとめ

いかがでしたか?

最後に、予防歯科の説明についてまとめます。


1. 虫歯を自分だけで予防しにくい理由 :歯磨きでは磨き残しが発生するなど

2. 予防歯科の治療内容 :フッ素塗布、PMTC、ブラッシング指導、唾液の検査など

3. 自分でもできる虫歯を予防しやすくなる方法 :定期的に水分を補給する、デンタルフロスを使うなど


これらのことから、予防歯科の説明について分かります。

多くの人は虫歯が発症してから歯科医院に行きますが、最も大切なのは虫歯を予防することです。

症状を治すための治療を受けるのではなく、予防するための治療を受ける気持ちも大切であり、

虫歯を予防するために定期的に予防歯科の治療を受けることをおすすめします。