歯科医院では、病気の症状を治す以外の目的の治療もあるのですか?

杉並区西永福の歯医者さん、西永福歯科です。

今回のテーマは「病気の症状を治す以外の治療法」です。

歯科医院の治療と聞くと、みなさんはどのような内容の治療法を想像するでしょうか。

おそらく、虫歯や歯周病など病気の症状を治す治療を想像する人がほとんどだと思いますが、

実際にはそれだけでなく、病気の症状を治す以外の目的の治療法も存在します。

そこで、ここではさまざまな目的の治療法について解説していきます。

 

予防治療

虫歯や歯周病を治すためではなく、予防するための治療法もあります。

このような治療は予防治療と呼ばれ、予防歯科・定期検診などで受けることができます。

 

歯のクリーニング

スケーリングを使った歯石の除去やPMTCなど、歯の汚れを落とすための治療法があります。

前者は歯周病治療の一貫として行われることがあり、

後者は予防治療として歯磨きで除去しきれないプラークを除去することができます。

 

ブラッシング指導

正しい歯磨きの仕方の指導を行うもので、定期検診などを行われます。

自分の歯並びに合った歯磨きの仕方を知ることで、効率良く歯が磨けるようになり、

毎日の歯磨きの精度が高めることで、虫歯や歯周病を予防しやすくなります。

 

生活習慣改善のアドバイス

虫歯や歯周病を予防できるかどうかは、毎日の生活習慣も関係してきます。

そのため、生活習慣の見直し・改善が重要になってくるのですが、何をどう見直せばいいのか分かりづらく、

そこで歯科医院では患者さんの生活習慣をヒアリングして、具体的な改善策を提案します。

 

審美治療

審美、すなわち見た目の美しさを手にいれるための治療法です。

一般的には美容整形や豊胸などを連想する人が多いと思いますが、歯科でもさまざまな審美治療が存在します。

 

ホワイトニング

歯を白くする治療法で、変色した象牙質を白く美しく変えることができます。

市販のホワイトニング歯磨き粉では、歯の表面の着色・汚れなどしか対応できませんが、

ホワイトニングでは表面の奥に位置する象牙質も白くできるので、歯の色そのものが白くなります。

 

セラミック治療

人工物の審美性を高めるための治療法です。ホワイトニングでは銀歯を白くすることはできないので、

このような人工物を白くしたい場合、セラミック治療で対応します。

また、天然歯にセラミックの被せ物を立てて、見た目を美しく見せることも可能です。

 

インプラント

歯を失った場合に行う治療で、人工の歯の根を埋め込み、そこに人工歯を被せます。

歯を失った対処となる治療のため、審美というより健康目的の治療に思えますが、

インプラントは審美性を兼ねているため、審美治療に含まれます。

 

矯正

歯並びを改善するということは、歯並びの審美性を高めるということになるので、矯正も審美治療に含まれます。

もっとも、歯並びを改善するメリットは審美性の向上だけではありません。

歯並びを改善すれば歯が磨きやすくなるので、実際には虫歯や歯周病の予防にもつながります。

 

予防治療・審美治療の必要性

予防治療・審美治療は病気を治す目的の治療ではないため、絶対に必要な治療というわけではありません。

しかし、これらの治療を受けることには以下のメリットがあります。

 

病気を予防することで、結果的に治療費が安くなる

例えば、虫歯や歯周病を予防するために定期検診に通えば、1回あたりの費用は3000円ほどです。

半年に1回、つまり1年に2回受診したとして、年間の費用は6000円ほどになり、

20年の定期検診を受ければ、トータルの費用は12万円ということになりますね。

しかし、虫歯や歯周病で歯を失ってインプラントにすれば、1本歯を失うだけで20万円以上の費用がかかります。

そう考えると、これだけの費用で天然歯を守ることができるのは、むしろ安いという考え方もできるのです。

 

自分に自信が持てることで、全ての面においてプラス効果をもたらす

審美治療は審美性を高める治療であり、病気とは無関係の治療です。

しかし、審美性を高める治療は自分への自信につながり、仕事・プライベートにおいてプラス効果をもたらします。

例えば、第一印象が良くなることで、ビジネス相手に好印象を与えることができますよね。

また、自分のコンプレックスを解消することは、心の健康にもつながります。

 

まとめ

いかがでしたか?

最後に、嚙み合わせの悪さによって起こる問題についてまとめます。


1. 予防治療 :虫歯や歯周病を予防するための治療で、予防歯科や定期検診において行われる

2. 審美治療 :審美性を高めるための治療で、ホワイトニング・セラミック治療・インプラントなどが挙げられる

3. 予防治療・審美治療の必要性 :例えば予防治療の場合、歯を失った際と比較するとトータルの費用は安くなる


これらのことから、病気の症状を治す以外の治療法について分かります。

歯科医院では、このような予防治療や審美治療にも対応しているので、

虫歯や歯周病を予防したい人や、口元の審美性を高めたい人はお気軽にご来院ください。