なぜセラミックには健康保険が適用されないのですか?

杉並区西永福の歯医者さん、西永福歯科です。
今回のテーマは「セラミックに健康保険が適用されない理由」です。
歯科においてセラミックを使うのは、詰め物や被せ物の素材とするのが目的です。

もっとも、詰め物や被せ物の素材といえば、銀歯が一般的に思う人も多いでしょう。
しかし、最近ではセラミックを希望する人が増加傾向にあるのです。
ただし、セラミックは銀歯と違って基本的に健康保険が適用されず、自由診療になります。
 

健康保険が適用されない理由

まず、セラミックに健康保険が適用されない理由を説明します。
そもそも、健康保険とは病気の治療費に対して適用されますが、それは必要かつ最小限の治療に限られます。
例えば、歯を失えば人工歯で対処しますが、それは健康において必要な治療になるため、健康保険が適用されます。

しかしいくら人工歯でも、インプラントやオーダーメイドの入れ歯だと健康保険が適用されず、
なぜならこれらの治療法は最小限以上の特徴・効果を持っているからです。
セラミックに健康保険が適用されないのも、これと全く同じ理由です。

詰め物も被せ物も、健康において必要な治療になるため、銀歯では健康保険が適用されます。
しかし、セラミックは「審美性の高さ」という最小限以上の特徴・効果があるため、
健康保険適用の基準に当てはまらず、自由診療になっているのです。
 

セラミックの特徴・効果

では、自由診療のセラミックには、どのような特徴・効果があるのでしょうか。
そこで、保険診療の銀歯と比較した上での、セラミックの特徴・効果について解説します。

審美性が高い

審美性の高さは、セラミックの最大の特徴です。
銀歯と違ってセラミックは白く、それも天然の歯に近い自然な白さをしています。
さらに、白さの度合いも調節できるので、自分の天然歯の色に合った白さを再現できます。

むし歯が再発しにくい

そもそも詰め物や被せ物は、むし歯治療した患部を細菌感染から守ることが目的です。
しかし、銀歯だとプラークが付着しやすく、さらに接着も剥がれやすいため、むし歯が再発しやすいのです。
一方、セラミックはツルツルしてプラークが付着しにくいので、むし歯の再発を予防しやすくなります。

長持ちしやすい

セラミックは素材としての耐久性が高く、保険診療の銀歯に比べて長持ちしやすくなっています。
あくまでケア次第なので、セラミックもケアしなければ長持ちしないでしょうが、
万全なケアを前提とすれば、セラミックは10年以上問題なく使用することも可能です。

金属を使用していない

セラミックは陶器ですから、金属である銀歯とは根本的に素材が違います。
これについて最もメリットを感じるのは、金属アレルギーを持っている人でしょう。
ただし、セラミックの中にも金属を使用しているものがあり、それはメタルボンドと呼ばれるタイプです。
 

セラミックに健康保険が適用できるケース

セラミックでも、以下の基準を満たしている場合、健康保険が適用されます。

・厚生労働省に施設基準の届け出を行い、認可された歯科医院である
・歯科補綴治療に関する専門知識、及び3年以上の経験を持つ歯科医師が在籍している
・厚生労働省の定める歯科用CAD/CAM装置で製作する
・製作する歯科医技工所との連携がとれている
・被せ物のハイブリッドセラミックに限られる

注目すべき箇所は、最後の項目です。「被せ物のハイブリッドセラミックに限られる」という点から、
詰め物は自由診療になるということ、ハイブリッドセラミック以外は自由診療になることが分かります。
さらに、治療対象となる歯の箇所も関係してきます。

・第1小臼歯(前から4番目の歯)
・第2小臼歯(前から5番目の歯)

健康保険が適用されるのは、基本的にこれらの歯に限られます。

ただし、金属アレルギーの方のみ、さらに以下の箇所の歯も対象となります。

・第1大臼歯(前から6番目の歯)
・第2大臼歯(前から7番目の歯)
・第3大臼歯(前から8番目の歯)

注意点として、金属アレルギーの方はこれらの歯の箇所も健康保険適用の対象となりますが、
金属アレルギーであることを証明する検査や診断の結果、医師の紹介状の類が必要です。
 

まとめ

いかがでしたか?
最後に、セラミックに健康保険が適用されない理由についてまとめます。

1. 健康保険が適用されない理由 :健康目的の治療ではあっても、治療法に最小限以上の効果があるため
2. セラミックの特徴・効果 :審美性が高い、むし歯が再発しにくい、長持ちしやすいなど
3. セラミックに健康保険が適用されるケース :いくつかの基準を満たした場合のみ、健康保険が適用される

補足すると、健康保険適用のハイブリッドセラミックは従来のハイブリッドセラミックとイコールではなく、
審美性・耐久性において劣るものになります。
とは言え、セラミックに保険が適用される例を知らない方も多く、この機会に知っておくと良いでしょう。
ただし、基本的には自由診療になります。