歯科の治療では必ず健康保険が適用されますか?

杉並区西永福の歯医者さん、西永福歯科です。
今回のテーマは「歯科における自由診療」です。
歯科医院で行う治療には、健康保険が適用されるイメージがありますが、必ずしもそうとは限りません。

中には自由診療になるものもあり、歯科の全ての治療に健康保険が適用されるわけではないのです。
そこで、ここでは自由診療となる治療法の一部を紹介していき、
保険診療・自由診療の区別をする目安についても、分かりやすく解説していきます。

 

健康保険適用の基準

そもそも、健康保険は全ての治療費に適用されるものではなく、基準が定められています。
その基準を簡単に説明すると、「病気を治すために必要な最低限の治療」です。
「病気を治すため」という点は知っていても、「最低限」という点を知らなかった人も多いのではないでしょうか。

これが、保険診療・自由診療の区別が分かりにくい要因になっており、
いくら健康目的の治療だとしても、それが最低限以上のものであれば、自由診療になるのです。
その点を踏まえて、歯科における自由診療を見ていきましょう。

 

ホワイトニング

ホワイトニングは自由診療で、これは分かりやすいと思います。
なぜなら、ホワイトニングはそもそも病気の治療ではないからです。
ホワイトニングは歯を白くする治療であり、その目的は100%審美性の向上になります。

つまり、見た目を美しくするための治療であり、その時点で健康保険の基準から外れているのです。
人によっては、「コンプレックスを解消するための治療=健康目的」と思う人もいるかもしれませんが、
それだと肥満解消の脂肪吸引や、胸を大きくする豊胸なども保険診療になってしまいます。

 

セラミック治療

セラミック治療は、基本的に自由診療です。セラミックの用途は詰め物・被せ物ですから、
むし歯の治療において必須という点では、「病気を治すため」「健康目的」に該当します。
しかし、最低限という点で該当せず、なぜなら審美性の高さなど、セラミックには最低限以上の機能があるからです。

ただし、「基本的に自由診療」と表現したとおり、例外的に健康保険が適用されるケースもあります。
セラミックには複数の種類がありますが、その中でハイブリッドセラミックについては、
一定の基準を満たした場合のみ、被せ物限定で健康保険が適用されるようになっています。

 

インプラント

インプラントも、基本的に自由診療です。インプラントは歯を失った際の治療法であり、
人工歯を装着するという点では、「健康目的」に該当します。
しかし、セラミック同様最低限という点で該当せず、インプラントの機能は最低限以上だからです。

例えば、保険診療である入れ歯は、最低限噛むための機能性がありますが、
インプラントは審美性・安定性・咬合力に長けているため、人工歯としての機能が非常に高いのです。
そのため先天性など、生まれつきの病気などが原因のケースを除き、インプラントでは健康保険が適用されません。

 

歯列矯正

歯列矯正は、マウスピース矯正・ブラケット矯正などの方法関係なく、いずれも自由診療になります。
歯並びの改善は審美目的とは限らず、むし歯・歯周病を予防しやすくなる効果もあるため、
健康目的について考えれば、「病気を予防するための治療」と解釈することもできます。

しかし、「病気を治すための治療」ではない点で、歯列矯正も自由診療になるのです。
そもそも、歯並びが悪いことは病気ではないため、
それを治すための治療は、「病気の治療」には当てはまらないのです。

 

その他の自由診療

他にも、歯科における自由診療はいくつかあります。
例えば、入れ歯は自由診療になりますが、オーダーメイドの入れ歯の場合は自由診療になりますし、
歯周病によって溶かされた骨を再生する治療も、自由診療になります。

後者の場合は、一見健康目的の治療に思えますが、
骨の再生療法は歯周病治療の一貫ではなく、全く別の治療になるのです。
このように、歯科で自由診療となる治療は、決して稀なケースではありません。

 

まとめ

いかがでしたか?
最後に、歯科における自由診療についてまとめます。

1. 健康保険適用の基準 :病気を治すために必要な最低限の治療。「最低限」というワードが特徴となる
2. ホワイトニング :100%審美目的のため、自由診療になる
3. セラミック治療 :審美性を兼ねているため、最低限以上の効果があり、基本的に自由診療となる
4. インプラント :審美性や安定性を兼ねているため、最低限以上の効果があり、基本的に自由診療となる
5. 歯列矯正 :病気を予防するための治療にはなるが、病気を治すための治療ではない点で、自由診療となる
6. その他の自由診療 :例えば、オーダーメイドの入れ歯・骨の再生療法なども自由診療になる

これらのことから、歯科における自由診療について分かります。
ちなみに、自由診療の費用は各歯科医院が自由に設定できるため、歯科医院によって費用は異なります。
このように、病気の治療ではないもの、病気の治療ではあっても最低限以上の治療については、自由診療になります。