• ホーム
  • 症例ブログ
  • 20代女性「左下奥歯を他院で治療していたが、仮歯のまま放置していた」再治療でドックスベストを使った症例

20代女性「左下奥歯を他院で治療していたが、仮歯のまま放置していた」再治療でドックスベストを使った症例

2020.09

治療前

治療前

治療後

治療後
はじめのご相談内容 以前他院で左下奥歯の治療をしていたが、怖くなってしまい途中で行かなくなってしまったとのことでした。 なるべく削らずに再治療をしたいとのことで、当院にご相談いただきました。
診断結果 拝見したところ、以前治療途中となっていた箇所には仮蓋がされたままとなっていました。 仮蓋をはずし、中をきれいにするとことから治療が必要でした。
行った治療内容 仮蓋をはずしたところ、中に少し虫歯が広がっていたため、最低限削り取りドックスベストセメントで処置をしました。 詰め物はジルコニアを選んでいただいたため、白く修復しました。
現在の様子 現在も違和感などなく、異常も見られていません。 継続的なメンテナンスで状態を維持していければと思います。
このケースのおおよその治療期間 約10日
おおよその費用 約4万円(税別)
治療のリスク 正しいメンテナンスを十分に行わない場合、虫歯が再発する場合もあります。