60代男性「左上の奥歯に強い痛みがある」ブリッジ支台歯の炎症を根管治療した後、ノンクラスプデンチャーで審美的に回復した症例

はじめのご相談内容 「左上の奥歯に強い痛みがある」ということでご来院いただきました。
診断結果 ブリッジの支台歯が強い炎症を起こしており、根管治療が必要な状態でした。
行った治療内容 ご相談時はブリッジを使用していましたが、デメリットを説明。今回の治療では根管治療を行い、差し歯を作ることを提案いたしました。
患者様はブリッジを止め、義歯による治療を選択しました。義歯においては見た目の良いものを希望されていたので、ノンクラスプデンチャーを提案しました。
現在の様子 ノンスクラプデンチャー、差し歯ともに現在も経過も良好です。
また定期メンテナンスとして通院いただいております。
このケースのおおよその治療期間 約3か月
おおよその費用 ノンクラスプデンチャー:176,000円
ファイバーコア+ジルコニアクラウン:104,500円
治療のリスク 根管治療は再治療が必要になる場合があります。
義歯は顎の土手が痩せて内面が合わなくなったら修理、または新しく作り変える必要があります。

治療前

治療後